挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

464/4820

雑魚扱い

《サイド:美袋翔子》

ふう。

ごちそうさまでした。

食事が終わって食器を片付けたあとで一息吐いていると…

「あら、翔子と北条君もいたのね」

不意に沙織の声が聞こえてきたわ。

「ほえ?」

自分でも恥ずかしいって思うくらい間抜けな声を発しながら振り返ってみる。

すぐ傍に微笑みを浮かべる沙織がいて、私に視線を向けていたわ。

「あれ?沙織もいたの?」

「ええ、少し前からね。だけど二人がいることに気が付かなかったわ」

苦笑する沙織だけど。

私も沙織に気付かなかったからお互い様よね。

これだけ広い食堂だと気付かなくても不思議じゃないからよ。

むしろ探せば他にも知り合いはいるはずだと思うわ。

総魔に優奈ちゃんに悠理ちゃん。

龍馬だってそうだし、里沙や百花や美春だっているかもしれないわね。

ただ気付いていないだけで、
同じように食堂にいる可能性は否定出来ないのよ。

だからこうして沙織と出会えただけでも運が良いって思う。

なんてね。

そんなことを考えていると、
沙織が真哉に視線を向けて話しかけてた。

「昨日、翔子から龍馬と試合をしたって聞いたけど、体はもう大丈夫なの?」

「ん?ああ、もうバッチリだぜ!完全に健康そのものってところだな」

全力で笑う真哉に、私は冷めた視線を向けてあげたわ。

「真哉から元気をとったら何も残らないしね~」

「んだとぉ!?」

苛立ちながら睨みつけてくる真哉だけど。

それでも私は言葉を続けたわ。

「総魔に負けて、龍馬にも負けたでしょ?」

気付けば100位以下の番号って…。

「この上、元気をとったら何かもう可哀相なくらい雑魚扱いよね~」

「んなっ!!ふざけんなぁ!!!」

怒りをあらわにする真哉。

そんな真哉を見兼ねて、沙織が間に入ったわ。

「翔子。さすがに言いすぎよ?」

あう…。

「ごめん…。」

沙織に叱られて気まずくなる。

ちょっと調子に乗りすぎたかな?

そう思ったからすぐに真哉に謝ることにしたわ。

「ごめんごめん。言いすぎたわ」

わりと素直に謝ってみたんだけど。

真哉の怒りは収まらないようね。

「翔子!!」

突然立ち上がった真哉が『その言葉』を口に出してしまうのよ。

「俺と勝負しろっ!俺とお前のどっちが上かはっきりさせてやる!!」

うわ~。

そうなっちゃったか~。

う~ん。

どうしよう?

今更ながら思うんだけど、
最高記録4位の私は真哉と試合をしたことがないのよ。

沙織とは何度も試合をしてるけどね。

その上にいた真哉と試合をしたことは一度もないのよ。

だから当然、どちらが勝つかは予測出来ないわ。

まあ、以前の私なら確実に負けると思うけどね。

今の私ならどうなのかな?

今までなら戦う前から負けを認めるところだけど。

新たな力を手にした今の私なら真哉に劣るとは思わないわ。

昨日の試合を見た限りで言えば、
私だって十分真哉と戦える気がするのよ。

「別に良いけど、私を『今までの私』と思わないほうが良いわよ?」

「ほう!随分な言葉じゃねえか!!おもしれえ!翔子がどれだけ強くなったのか俺が判断してやるっ!!!」

熱く宣言する真哉がやる気になったことで、
私達は検定会場に移動することになってしまったわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ