挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

463/4820

波動の変化

《サイド:御堂龍馬》

校舎を出てから、自室がある寮に向かって歩く。

12棟ある男子寮のほぼ中心に僕が住んでる寮があるんだけどね。

幾つかの寮を通り過ぎながら、
通い慣れた寮に向かう途中で彼の姿に気づいたんだ。

天城総魔がいる。

どうやら彼も寮に戻る途中のようだ。

歩みを進める彼に、僕は急いで駆け寄ることにした。

「おはよう」

「…ああ、御堂か」

声をかける僕に気付いた彼は、足を止めて振り返ってくれた。

「こんな所で会うのは珍しいな」

「そうだね。色々あって、昨日は帰ってこれなかったから、僕は今から寮に帰るところなんだよ」

「そうか。俺もさっき研究所を出たばかりで寮に帰るところだ」

「へー。そうなんだ」

彼と出会った理由は分かったけれど。

同時に昨日、彼に話した言葉を思い出すことになった。

彼の実験を見に行く…と言っていたことを、ね。

だけど、結局は仕事が追いつかなくて見に行く暇がなかったうえに、
真哉との試合で寮に戻ることさえ出来なかった。

「実験はもう終わったのかい?」

「いや、まだしばらくかかるだろう。今日も午後から研究所に向かう予定だ」

ふーん。

まだ終わってないのか。

「だったら、今日は見に行けるかな」

「どうか知らないが、興味があるのなら好きにすればいい。それよりも…」

彼は僕を眺めながら別の話を持ち出した。

「昨日とは雰囲気が違うな。魔力の波動が微かに変わっている。新たな能力にでも目覚めたか?」

っ!?

彼の言葉を聞いたことで僕は動揺してしまった。

…と言っても、隠すつもりはないんだけどね。

そういうことじゃなくて、
何故か彼の言葉は僕の全てを見透かしているようなそんな気がしたからだ。

「昨日、真哉と試合をしたんだ」

「なるほどな。」

彼は納得したようだ。

「その波動は成長の証というわけか」

どうだろう?

「成長したのかどうかは分からないけど、少しは強くなれたかもしれないね」

控えめに答える僕の言葉を聞いて、彼は小さく微笑んでいた。

「再戦を楽しみにしておこう」

話を終えた彼は寮に向かって歩きだした。

そんな彼の背中を見送ってから、僕も歩きだすことにした。

彼との再戦。

それこそが僕の望みだ。

そして、彼を越えることが今の僕の目標になっている。

その日の為に。

僕は今よりもっと強くならなければいけない!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ