挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

459/4820

疲労

《サイド:御堂龍馬》

ふう。

なんだか疲れがとれないな…。

体調がどうこうじゃなくて、精神的に疲れている感じがするんだ。

真哉との試合によって重傷を負ったことで、
寮に戻ることさえ出来ずに、
そのまま医務室で一泊することになってしまったからだけどね。

治療を受けたおかげで怪我そのものは一晩で完治したんだけど、
疲労感だけはまだ深く残っていて、体を支配してる感じかな。

こういう精神的な疲れを魔術で癒せるとしたら、きっと彼だけだろうね。

治癒系統の魔術を体内に残存させることで回復魔術の副作用を押さえ込める彼なら
精神的な疲労も払拭出来るんだろうけど…。

残念ながら彼がどこにいるのかはわからない。

そもそも治療してもらえるかどうかさえわからないけどね。

だけどまあ、疲労くらいなら時間さえあれば治ると思う。

出来る限り気にしないようにしておこう。

そんなふうに考えながら、時計に視線を向けてみる。

時刻は午前6時だ。

あまり長居せずに、早々に医務室を出ようと思う。

やらなければいけないことが沢山あるからね。

一旦、校舎の屋上まで足を運んで特風会に向かうことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ