挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月10日

454/4820

龍馬のお願い

《サイド:美袋翔子》

「試合終了!勝者、御堂龍馬!」

即座に試合を終わらせた私は急いで真哉の治療を開始したわ。

あまり得意じゃない回復魔術だけど、
それでも放っておくわけにはいかないからよ。

明らかに危険な状況だと思ったの。

ホントに何回死にかけたら気が済むのか知らないけどね。

真哉が危険な状況だっていうことくらいは一目で分かるのよ。

急いで駆け付ける救急班が真哉の体を回収して
会場を飛び出して行くのを見送ってから、次に龍馬へと視線を向けてみる。

だけど振り返った時にはすでに龍馬も救急班によって搬送されようとしていたわ。

だからその前に医務室に運ばれようとしている龍馬に話しかけることにしたの。

「大丈夫なの!?」

「あ、ああ、まあ、なんとかね。だけど今日はもう動けないと思う。それで、さ。悪いけど翔子に一つだけ、お願いがあるんだけど、いいかな?」

お願い?

龍馬が?

私に?

「何?」

首を傾げる私を見た龍馬は、苦笑いを浮かべながら言ったのよ。

「まだ会議室に仕事を残してるんだ。出来る範囲でいいから手伝ってくれないかな?」

私に仕事を手伝ってほしいってね。

はぁ…。

ったくもう。

「こんな状況でよくそんなことが言えるわね~」

「こんな状況でも仕事は減らないからだよ」

それはそうでしょうけど…。

「はいはい、分かったわよ。適当に片付けておくから、さっさと医務室に行ってきなさい」

「ははっ、ありがとう」

最後まで苦笑していた龍馬は、
救急班に運ばれて医務室へと運ばれて行ったわ。

その様子を眺めてから試合場を振り返ってみる。

…うわぁ。

これってやっぱり問題よね?

せっかく修繕が終わったばかりの試合場が完全に使用不可能になってるのよ?

会場全体にまで被害が出なかっただけまだましなのかも知れないけれど。

これはこれで、あとの片付けが大変だと思うわ。

このあとの修繕って…やっぱり黒柳所長が苦労するんじゃないかな?

直ったと思ったらまた破壊なんて、やってられないわよね?

大変なんだろうな~。

なんて。

人のことを考えてる場合じゃないわね。

気軽に引き受けてしまったせいで余計な仕事を増やしてしまったのよ。

もうすぐ6時なのに。

沙織と合流したいのに仕事なんてやってる場合じゃないわ!!

ったく、もう!!

どれだけの仕事が残ってるのか知らないけど、
とりあえず特風会に行ってみるしかないわね。

龍馬がやり残した仕事を確認するために。

急いで会場を出ることにしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ