挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月10日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

450/4820

龍馬はないの?

《サイド:美袋翔子》

ん?

あれ?

あれって龍馬と真哉よね?

あの二人がなんでここにいるのよ?

まさか、ここで仕事…じゃないわよね~?

試合を終えたばかりの私は、受付に戻る途中で二人の姿を見つけて足を止めたわ。

前方を歩く真哉は笑顔だけど、後方を歩く龍馬の顔は真剣そのものに見える。

まるで今から決戦でも始まるかのような…って!?

ええええええええええっ!?

もしかして、あの二人っ!?

慌てて駆け寄る私に気付いて視線を向けてくれた二人に、私は急いで話しかけたわ。

「ちょっと真哉と龍馬!!あんた達、まさか試合をしようなんて思ってるんじゃないでしょうね!?」

問い掛ける私に対して、真哉は笑顔で頷いてる。

「だったらどうした?」

「どう…って…」

聞かれて戸惑ってしまったわ。

ちょっと驚いたけれど。

これって別に問題ないのかな?

龍馬と総魔の試合は禁止されてるけど、他の試合は良いんだっけ?

あれ?

でも、総魔は試合に制限があったわよね?

龍馬はないの?

特風だから?

よくわからないけど、なんか釈然としない気持ちになるわね。

言葉に詰まってしまったことで、真哉は笑顔を浮かべたまま話を進めてしまう。

「俺と龍馬。今の俺達の実力の差がどの程度なのか知っておきたいだけだ。どうだ?お前もそうは思わないか?」

う~ん。

どうなのかな?

龍馬の実力は見てみたい気がするけど、真哉と比べてもなんかね~。

イマイチ、興味は出ないわね。

個人的にはそう思うんだけど。

真哉は私の返事を聞くことさえしないまま試合場へと足を進めていったわ。

そして…。

「とりあえず、見ててくれないかな?」

龍馬も真哉を追って試合場に向かってしまったのよ。

う~ん。

見ててって、言われてもね~。

どうしていいか分からないけれど、ひとまず二人の試合場に歩み寄ることにしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ