挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月10日

448/4820

表と裏

「これで一通り終わりかな~?」

「そうね。もう良いと思うわよ」

里沙と百花は、書類を片付けてから席を立った。

そして二人が仕上げた書類を僕の机の上に置く。

どさっ…と、積み上げられた書類の高さは、
ざっと30センチを越えているんじゃないかな?

「すでに仕事を抱えてる状況で、さらに仕事が増えて申し訳ないけれど。責任者として全ての書類に目を通してもらわないといけないのよ…。」

「あ、うん。そ、そうだね…。」

百花の言葉を聞いて、密かに冷や汗を流してしまう。

ようやく終わりかけていたはずの仕事がまた一気に増えてしまったからだ。

「沙織がいれば良いんだけどね~」

「ぅ…」

里沙の言葉に反応してしまう自分がいた。

確かに沙織がいれば僕の仕事が半減するのは間違いないと思う。

沙織はこういった作業を得意としているし。

翔子が負担すべき分を淳弥が補ってるように
僕の負担すべき分を沙織が補ってくれれば仕事は一気に減るんだ。

だけど沙織にも都合があるから、そうそう何度も頼るわけにはいかない。

ただでさえ僕や翔子が降格している間、沙織には負担をかけていたからね。

それなのに。

ここでまた助けて欲しいなんて言えるわけがない。

だからこれまでの遅れを取り戻すために僕一人で片付けるようにしていたんだけど。

さすがにこの数日間で溜め込んだ仕事の量が思った以上に多くて正直間に合う状況じゃなかった。

単に書類に目を通すだけなら簡単なんだけどね。

今回のように直接動くような仕事も沢山あって、
のんびりしていられる余裕がなかったんだ。

真哉を筆頭として岩永一郎、大森遼一、伊倉信夫、梶原裕美の5人が
戦闘部門として学園中を奔走してくれているからそれなりの余裕はあるんだけれど。

それでも全ての問題を処理出来るだけの人手が足りていないのが事実だ。

学園内には数万人もの人口がいるから毎日のように苦情と問題が後を絶たないからね。

「これだけの仕事をたった数人で処理しようなんて考えそのものがおかしいわよね~」

確かにそうかもしれない。

里沙の言葉に同意したい気持ちは山々だけど、愚痴を言っても解決しない問題だと思う。

「現場の判断は僕達で決めることだけど、沢山の風紀委員が僕達の手足となって動いてくれてるわけだし、僕達は僕達で出来る限りの手を尽くすしかないよ」

「まあ、ね~」

僕の言葉を聞いてため息を吐く里沙だけど、
無理だと思う気持ちは僕も十分理解してる。

それでもやらなければいけないことなんだけどね。

「もういっそのこと、生徒会に全部押し付けちゃえば?」

里沙が指摘した生徒会。

それは特風と対を成す学園の重要な委員会の一つだ。

ただしそちらは武力的な力はあまり強くなくて政治的な側面が強い。

各委員会の予算編成や学園そのものの維持管理等のような面倒な仕事が多くて、
仕事を頼める余裕なんてありそうにないんだ。

というよりも。

表の生徒会に対を成す、
裏の特風という立場を忘れるわけにはいかないと思う。

学園の暗部を任されているのが特風であり、
表の生徒会にそれを押し付けることは出来ないんだ。

それでは本末転倒になってしまうからね。

「生徒会には頼めないよ。そもそも向こうは武力よりも知力重視だからね。戦力にはならないよ」

「はぁ。結局、私達がやらなきゃいけないわけね…」

「残念だけど、そうなるね」

僕の言葉を聞いてため息を吐き続ける里沙の表情は疲れを物語っていた。

「今日は帰ろうかな」

「ああ、お疲れ様」

「じゃあね~」

立ち去る里沙を追い掛けるように、片付けを終えた百花も歩きだす。

「時間があれば、また今度手伝いに来るわ」

「ああ、ありがとう」

二人が会議室を出るのを見送ってから、残った真哉に話しかける。

「真哉もありがとう。疲れただろうから、今日はもう帰っていいよ」

真哉にもゆっくり休んでもらおうと思ったんだけど…。

仕事を再開しようとした僕に、真哉が真剣な表情で話しかけてきた。

「まあ、帰っても良いんだが、その前にな」

微かに笑みを浮かべながら言葉を続ける。

「ちょっとばかり、気分転換にでも行かないか?」

気分転換?

「ずっとここにいたら疲れるだろ?少し体を動かした方がいいんじゃねえか?」

「動かすって、どうするんだ?」

「会場で一暴れするんだよ。全力で体を動かした方が余計なことを考えずに済むだろ?」

「いや、そうは言っても…」

机の上に山積みの書類を放置するわけにはいかない。

「仕事が…」

「まあまあ、あとのことはあとで考えて、一度会場に行って見ようぜ?」

真哉に強引に誘われてしまい。

僕は書類の山を置いたままで会議室を出ることになってしまった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ