挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月10日

446/4820

最善策

《サイド:御堂龍馬》

『キーン…コーン…カーン…コーン…。』

午後5時を知らせる鐘の音が学園中に鳴り響いた。

「ふう。もう、そんな時間なのか」

一息吐いてみると、
仕事を終えた淳弥が僕の傍に歩み寄ってきた。

「さすがに一日中、事務処理ってのは辛いよな」

「ははっ、そうだね」

僕と同じように今日一日を特風会で過ごすことになった淳弥は疲れきった表情を見せている。

さすがにこれは仕方がない部分だろうね。

翔子だけじゃなくて、
数日とは言え僕と真哉も抜けていた穴埋めを彼一人で補っていたんだ。

沙織も頑張ってくれていたとは思うけれど、
やっぱり無理があっただろうね。

と言うか、岩永君や大森君、それに桃花や由香里も医務室送りになっていた事実を考えれば、
実質特風の半数が行動不能だったことになるんだ。

その間は沙織と淳弥が特風を管理してくれていたわけだけど。

さすがにそろそろ限界かな?

淳弥には休暇をあげるべきかもしれないね。

「ごめんね、きみには苦労をかけてばかりで」

「ははっ、いや、まあ、それほどでもないから気にするな。こういう作業の方が俺には向いてるし、好きでやってることだからな。不満なんてないから気にしなくていい」

「ありがとう。そう言ってくれると助かるよ」

心からそう思う。

本当に淳弥にはお世話になってばかりだと思うんだ。

すでに木戸君と須玉さんはここにはいないけれど、
代わりに今は里沙と百花がいてくれている。

だけど、一番大変なのはやっぱり淳弥だと思うんだ。

一日中、書類整理をしていた淳弥はペンを持つ手が疲れたのか、ぶらぶらと手を振っていた。

「ったく、翔子がちゃんと仕事をすればこんな苦労をしなくて済むんだけどな」

ああ、そうかもしれないね。

だけど翔子に手伝えといっても無駄なのは分かってるよ。

この手の作業は翔子には向いてないからね。

大人しく席について黙々と書類と向き合う翔子の姿なんて、はっきり言って想像できない。

だから愚痴をこぼす淳弥を見て苦笑してしまった。

「ははっ。仕方がないよ。翔子もああ見えて、色々と忙しいだろうからね」

「…だと思うけどな。でも、ちょっとくらい手伝ってくれてもいいんじゃねえか?」

愚痴る淳弥だけど、会話を聞いていた里沙が僕達の会話に割り込んできた。

「だから私達が手伝ってあげてるんじゃないのよ!!」

怒鳴る里沙に続いて、百花も会話に入ってくる。

「顔を出すだけでも、まだ良いでしょう?他の子達は滅多に来ないんだから」

「いやまあ、そう言われるとそうなんだけどな。でも、だからって何もしなくていいわけじゃねえだろ?」

「翔子は一番難易度の高い任務に就いてるんだから、何もしてないわけじゃないでしょう?彼の仲介役として頑張ってると思うわよ」

「それはまあ、そうかもしれねえけどな。でも、見てる限りだとあれはもう楽しんでやってるだろ?」

「そう思うのなら、長野君が代わればいいんじゃない?」

「いや、それは無理だろ?」

「誰がやっても無理よ。あれは翔子にしかできないわ。だから翔子に任せておけばいいのよ」

「う…」

言いくるめられてしまう淳弥は気まずそうな表情で僕に視線を戻していた。

だけど、僕としても何も言えない部分だ。

彼に関する出来事は全て翔子に任せるのが最善だと思うからね。

彼の信頼を得るのは僕でも難しいし、真哉や沙織も難しいと思う。

現状では翔子が一番近い場所にいると思うから、
翔子に任せておくのが最善策だと思うんだ。

「翔子は今のままでいいんだよ。それが一番丸く収まる方法だよ」

「はあ…。まあいい。愚痴っても解決しないしな。とりあえず今日は帰る。まだ片付いてないが、これ以上は精神的に持たないからな。続きは明日に回して今日はさっさと寝ることにする」

「ああ、分かったよ。お疲れ様。」

あまり無理はしないほうが良いからね。

「今日はもうゆっくり休んだ方がいいよ」

「御堂に言われると、返す言葉に困るけどな」

どう考えても僕の方が仕事の量が多いことを知ってるからだろうね。

僕の机に視線を向けた淳弥は、それ以上の愚痴を諦めて歩き出した。

「明日また来る。」

「うん。またね」

「ああ、じゃあな」

淳弥は会議室を出て行った。

その結果として。

再び里沙の不満が高まってしまったようだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ