挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月10日

443/4820

特風の情報網

《サイド:御堂龍馬》

ふう。

こうして行動してると、時々思うことがあるね。

それは僕達に与えられた権限に関してなんだけど。

特風の権限の凄さと大きさに自分自身でも驚くことがあるんだ。

この学園には数万人の生徒と数千人の教師達がいる。

それだけの人数が行動する学園内において、
たった一人の生徒を探し出すことが当然のように出来てしまう情報網の広さと正確さには、
分かっていても驚きを隠せない。

指示を出してから、僅か数分で報告がくることの恐ろしさ。

学園中に広がる風紀委員の努力と言う名の情報網は強力だ。

数万人の中からたった一人の生徒を探し出すのにかかる時間は僅か数分だけなんだから。

それだけ風紀委員に与えられている権限は大きいことになる。

その中でも選抜された生徒が特風となって、
巨大な風紀委員の管理を任されているんだけど。

特風の中でも全ての責任者として任されている僕から見ても、
風紀委員の努力は驚きに値するくらい報告が上がって来るのが早いと思うんだ。

まあ、今回の件で言えばたまたま分かりやすい場所にいたということもあるんだけどね。

それでも指示を出してから捜索を開始して報告するまでの一連の作業を
ものの数分で完結してしまうのはとても簡単なことではないと思う。

そういう仲間達の努力に感謝しながら、
僕は真哉と共に彼に会いに行くことにしたんだ。

場所は医務室。

そこにいる彼に僕達は歩み寄っていく。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ