挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月10日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

430/4820

どちらかと言えば

「これで私もようやく所持者の仲間入りね!!!」

喜ぶ私だけど、何故か淳弥が冷めた視線で尋ねてくる。

「まあ翔子がいいならそれでいいが、ルーンの名前は決まったのか?」

え?

名前?

そう言えばまだ決めてなかったわね。

どうしようかな~?

扇を眺めながら名前を考えてみる。

だけど悩むことはなかったわ。

扇の名前はすぐに浮かんできたからよ。

『グロリアスクイーン』

まあ、辞典のレッドクイーンから名前を借りたと言えなくもないけど。

それが私のルーンの名前よ。

名前の意味は『光り輝く女王』

この名前こそ、私のルーンに相応しい気がしたわ。

「グロリアスクイーン。それが私のルーンの名前よ」

そう言った瞬間に、淳弥は何故か笑顔を浮かべながら扇に視線を向けてた。

「なるほどな。確かに翔子に相応しい名前かもしれないな」

「ん?どういう意味よ?」

「どう…って、どちらかと言えば、翔子はお姫様ってよりも女王様って感じだろ?」

「はぁ?淳弥、あんた私を馬鹿にしてるの?」

「いやいやいやいや。正直な感想を言っただけだ」

ふざけたことを言ってくれた淳弥は、私に背中を向けて自分の席に戻って行ったわ。

「…ったく」

失礼なやつよね~。

私のどこが女王様だって言うのよ?

まあ、お姫様って言葉が似合わないことくらい、自分でもわかってるけどね。

それでも不満げな表情を浮かべていると、
黙って様子を見ていた龍馬が話しかけてきたわ。

「まあまあ、ひとまずルーンが使えるようになったことは喜ぶべきだよね。あとは実際に使いこなせるようになることだけど、今日も会場に行くつもりかい?」

「う~ん。どうしようかな~?もうすぐお昼だし、とりあえずもう少し考える時間が欲しいかな?」

「そうか。だったら少しゆっくりするといいよ。まあ、ゆっくりし過ぎると彼に睨まれるだろうけどね」

睨まれる?

ん~。

確かに。

問題のあいつに視線を向けてみると、
淳弥は早く仕事を手伝え!と言わんばかりに私に視線を向けていたわ。

「仕事が嫌なら早めに逃げたほうがいいよ。」

淳弥に捕まる前にね、って残してから龍馬も自分の席に戻って行ったわ。

うんうん。

そうするしかないわね。

あまりゆっくり出来そうな気がしないし。

とりあえず移動しようかな?

ここにいると居心地が悪い気がするから、
本棚に本を戻してから龍馬達に挨拶をして会議室をあとにしたわ。

淳弥には、近付かずに…ね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ