挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

415/4820

大雑把な質問

《サイド:御堂龍馬》

午後8時過ぎ。

僕はまだ特風会にいるんだけど。

今はもう、僕以外には誰もいない。

沙織と淳弥は1時間ほど滞在しただけで、それぞれの場所へと帰って行ったし。

里沙と百花は特風に送られてくる報告書を整理することに時間を費やしてから、
日がくれる頃に二人揃って帰宅してしまったからね。

それからはずっと一人だった。

しばらく留守にしていたせいでやらなければいけない仕事がいくつか溜まっていたからね。

この時間まで残ることになってしまったんだ。

だけどそれらも一段落して、
ようやく帰宅できる準備が整ったのがこの時間だった。

少し疲れたけれど、
さすがに今日はもう残業する必要はないと思う。

ひとまず明日からは通常業務に戻ればいいんじゃないかな?

理事長が不在の間は特に気をつけなければいけないからね。

学園の平和を維持して安定を保つ為に特風は存在しているんだから。

常に情報を集め続けて、
どんな状況にも対応出来るようにしておかなければならないと思う。

だからこそ。

特風に送られてくる報告書には極力全て目を通すことにしているんだ。

そのおかげでこんな時間にまでなってしまったんだけどね。

そろそろ帰ろうかな?と思って席を立とうとしたその時に、入口の扉が遠慮なく開かれた。

「ん?」

『ガチャッ』と、扉が開く音に気づいて視線を向けてみる。

そこにいたのは…真哉だった。

「よう、龍馬!」

「あれ?どうしたんだい?真哉がここに来るのは珍しいね」

書類と向き合うのを嫌がる真哉は滅多に特風会に来ないんだ。

それこそ翔子以上に面倒くさがるからね。

何らかの事情があって誰かが呼び出さない限り、
真哉がここに来ることはないんじゃないかな?

少なくとも真哉が自分からここに来るのなんて数ヶ月ぶりだと思うよ。

だからこそ問い掛けてみたんだけど。

「ああ、まあ、あれだ。」

真哉は笑顔を浮かべながら答えてくれた。

「部屋の明かりがついてるのが見えたからな。もしかしたらと思ってきたんだが、やっぱり龍馬だったって感じだな」

どうやら僕を探していたようだね。

「わざわざ会いに来てくれたのかい?」

「ああ、ちょっと聞きたいことがあったんでな」

「聞きたいこと?」

「まあ、色々とだ」

真哉は空いているテーブルに腰掛けながら、真剣な表情で話し掛けてきた。

「まずは俺が倒れてから今日までのことを知りたい」

………。

今日までのこと、か。

真哉の質問にどう答えるか悩んでしまうね。

質問が大雑把すぎてどう答えればいいのかがわからないということもあるけれど。

そもそも真哉がどこからどこまで知っているのかがわからないからだ。

「確か真哉は翔子と一緒に行動してた思うけど、詳しい話はまだ聞いてないのかい?」

「ああ、翔子か?まあ、大まかな流れくらいは聞いたが、それでもまだ話についていけていないのが実状だな」

なるほどね。

翔子と一緒にいたから、てっきり一通りの話は聞いているかと思っていたんだけど。

どうやらそうじゃないみたいだね。

…となると。

簡単に説明出来ることじゃないから、順を追って説明する必要があるかな。

「真哉が倒れたあとから説明したほうがいいかな?」

「ああ、それでいい」

「うん。分かったよ。」

僕の知ってる範囲で全て説明してみることにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ