挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

411/4820

はぐれないように

《サイド:深海優奈》

もうすぐ午後7時ですね。

私は悠理ちゃんと一緒に食堂に訪れました。

さすがにこの時間帯は食堂の周辺にも沢山の生徒が集まっていて、とても混雑しています。

「毎日思うけど、とんでもない人込みよね~。どこに行くか決めないと前に進めないかなぁ?う~ん。優奈は何がいい?」

「私は何でも良いよ。悠理ちゃんと同じので良いから」

「そう?まあ、私も特に決めてないんだけどね~」

どうしようかなって呟きながら、
悠理ちゃんはキョロキョロと周りの人達が食べている物に視線を向けていました。

「何がいいかな?」

周囲を見渡しながら食堂を進んで行く悠理ちゃんから
はぐれないように追い掛けるだけで精一杯の私には考える暇もありません。

もしもこれだけ混雑している状況ではぐれてしまったら合流する方が大変だからです。

「優奈、大丈夫?」

「う、うん」

はぐれないようにそっと手を握ってくれる悠理ちゃんの優しさだけで、私は十分幸せでした。

「ありがとう」

「あはは…。お礼なんていいよ」

照れくさそうに微笑む悠理ちゃんと手をつないだままで、しばらく食堂内を進んでいくと。

突然、悠理ちゃんが足を止めました。

「ねえ、優奈。あれ良くない?」

悠理ちゃんの視線の先にあるのは、
まだカットされていない円盤のままのピザですね。

「どうせ同じのを頼むなら、あれで丁度良くない?」

「うん。私は良いよ」

「おっけ~!じゃあ、あれで決定ね」

目的の売店へと近付いてから、悠理ちゃんがピザを注文してくれました。

「これくださ~い」

「はいはい。これでいい?」

「お願いします」

「はい。どーぞー」

売店のおばさんがピザを差し出してくれました。

焼き立てのピザを受け取る悠理ちゃん。

お金は二人で半分ずつ出し合って、
具材とチーズたっぷりの大きいサイズのピザを一枚購入しました。

「ねえ、悠理ちゃん。熱くない?大丈夫?」

「ん~まあ、大丈夫かな?でも、冷める前に食べたいね」

「うん。」

売店を離れてからすぐに空いている席を探しました。

「あ、優奈!ここ空いてるわよ」

空席を見つけてすかさず席につく悠理ちゃん。

私は向かい側の席に座りました。

「それじゃあ、いただきま~す!」

「いただきます」

嬉しそうな笑顔でピザに手を伸ばす悠理ちゃんと二人で、
仲良く半分ずつ分け合うことにしました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ