挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

410/4820

お帰りなさい

「ん?」

さりげなく時計に視線を向けてみると、
いつの間にか時計の針は30分を過ぎてたみたい。

そんなに長いあいだ考え事をしてたつもりはないんだけど。

何だかんだで20分以上過ぎてたようね。

「…いつの間に」

小さく呟いていると。

「あら?翔子、待っててくれたの?」

聞きなれた声が背後から聞こえてきたわ。

とても静かな声だけど。

声の穏やかさに反して、
どことなく嬉しそうに聞こえるわね。

時計から視線を逸らして振り返ってみると。

予想通り、沙織が微笑んでくれていたわ。

「やっほ~、沙織」

「ふふっ。お帰りなさい、翔子」

あ…。

うん…。

何気ないありふれた言葉なのに。

胸の奥で…強く、強く、響いたわ。

「ただいま♪沙織!」

沙織に飛びついてみる。

そしてぎゅっと抱きしめる沙織の体は…すごく温かかった。

「もういいの?」

「うん♪もういいの!」

「…そう。」

抱き着いたままでしっかりと頷くと、
沙織も私を抱きしめてくれたわ。

それ以上何も言わずに、ただ静かにそっと私の頭を撫でてくれたのよ。

それから何分くらいが過ぎたのかな?

ただただ沙織と抱きしめ合っていたんだけど。

しばらくしてから沙織が話しかけてくれたのよ。

「おうちで成美も待ってくれているわ。ねえ、翔子。一緒に来てくれるかしら?」

「もちろんよ!」

「ふふっ」

全力で頷く私を見た沙織は、
今にも泣き出してしまいそうなくらいに涙を浮かべながらも優しく微笑んでくれたわ。

「それじゃあ、行きましょう」

「うん!」

歩きだそうとする沙織と並んで、
久し振りの常盤家へ向かうことにしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ