挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

409/4820

趣味に合わない

結局、私は何もしないまま、お昼過ぎから夕方までずっと実験室にいたわけだけど。

今回の総魔の実験は色々と検証が難しいみたいで、
いつものようにさくさくとは進まなかったわ。

たぶん、調べることが多すぎるんでしょうね。

どんな魔術でも作り出せるということは、
当然、ありとあらゆる実験を行うということでもあるからよ。

数百、数千の魔術の全てを実験して検証していくとすれば、
それはとにかく時間のかかる作業でしょうね。

既存の魔術の全てを発動させて、その効力を測定。

次に総魔の独自の理論で作り上げた魔術の効力を測定。

その両方を比較して、二つの魔術の違いを調べあげる。

そんな単純な作業の繰り返しだけで、
あっという間に時間が過ぎて行ったわ。

私としてはこんな回りくどいことをせずに、
ささっと総魔の魔術を調べてどんなことが出来るのかを実験した方が早いと思うんだけど。

それだけだと『構呪』の実証は出来ないみたい。

それが既存の魔術なのか、総魔の魔術なのか。

両者の違いが分からないと意味がないらしいわ。

まあ、実際の能力がどうと言うよりも、
構呪という能力が実証出来るかどうかというところの方が重要みたいだったけどね。

だけどもしもそれがあるのなら。

総魔は本当の意味で最強の魔術師になれるのかもしれないわ。

『理論』も『定義』も『詠唱』さえもいらない。

ただ自分の思う魔術を自在に操ることが出来る。

そんな『最強の魔術師』になれるかも知れないからよ。

…でもね~。

終りが見えない延々と繰り返されるだけの実験は大変だと思うわ。

総魔は魔術を発動させるだけだけど。

観測された記録を分析する為に黒柳所長や西園寺さん。

藤沢さんや峰山さんや大宮さんやその他大勢の観測班や分析班の職員の人達が集結して、
総勢50名を越える数を揃えて総魔の魔術の分析を行っているのよ。

それだけの人数を集めてもまだ総魔の分析が追い付かずに、
何度も実験を中断するほどだったわ。

私にとっては単純に退屈な時間だったけれど。

所長達にしてみればある種の戦場だったのかもしれないわね。

そんなふうに思えるぐらいの大騒ぎだったのよ。

あ~だこ~だと議論し合う所長達は冗談抜きで大変そうだったわ。

次々と積み重ねられていく膨大な実験記録の書類の山が、
総魔に使える魔術の数と比例して増えていくの。よ

それはもう、一体何百種類の魔術が使えるの?って驚くくらいの書類の山よ。

今までは千の魔術が使える沙織もすごいと思ってたけど。

もしかしたら総魔はそれ以上かもね。

軽く数千にまで達してる?って思うくらいの実験記録が積み上げられていったのよ。

まあ、既存と構呪の二通りの魔術を展開してるから、
実際の魔術の数は半分なんだろうけど。

それでも沙織に匹敵する勢いだったと思うわ。

そのせいで膨大な実験資料の分析に思考が追い付かずに、
ホンの数時間の間に力尽きて頭を抱える職員が続出していたほどよ。

頭痛を訴えて実験を離れる職員の数はざっと見ても半数以上。

人数が減るほどに一人当たりの負担が増えて、
6時を迎えるまでにはほとんどの職員が体調不良を訴えて強制的に実験が中断されていたわね。

それでも主要な職員は実験室に残って、
集まった実験記録を元に検証を続けるみたいだったわ。

黒柳所長に西園寺さん。
藤沢さん、峰山さん、大宮さん。

そして僅か数名に減った残りの職員の人達。

もちろん総魔も実験室に残って検証に参加してるはずよ。

呆れるほど多くの魔術を連発させたにもかかわらず、
平然と会議に参加出来る総魔は素直にすごいと思うわ。

私なら確実に力尽きて倒れている自信があるのに、
総魔は表情一つ変えずに魔術を使い続けていたのよ。

一体、今の総魔の魔力の総量はどのくらいなのかな?

今日見た限りでは、全然、底が見えなかったわ。

この数日の間に『総魔自身』も成長していたのかもしれないわね。

そう思えるほど総魔の実力は計り知れないと感じたのよ。

そして今でもまだ会議は続いてると思う。

だけど私は最後まで付き合うつもりはないし、一足先に実験室をあとにしたわ。

もちろん沙織と合流したいっていう気持ちもあったけれど。

それ以前に、あの場所に留まっても私には何の意味もないって感じたことが理由の一つだと思う。

総魔と二人きりになれないどころか、
総魔と話し合う時間さえないわけだしね。

無駄だとは思わないけれど、私が望む答えは出ないと思ったのよ。

だから実験室を出ることにしたの。

今の私が望む答え。

それはルーンを使えるようになること。

それが何よりも優先するべきことなのよ。

もちろん私だってただ意味もなく実験を眺めていた訳じゃないわ。

きっかけになるものがないかと考えてずっと総魔の魔術を眺めてた。

だけど具体的な答えはでないまま時間だけが過ぎてしまったわ。

まあ、能力どうこう以前に、どんな形にしようか悩んでるだけなんだけどね。

剣や槍や弓。

それに杖や鞭や斧。

短剣に鎌に投擲(とうてき)

色々と考えてみたけれど。

どれもイマイチ趣味に合わないのよね~。

武器に限らずに淳弥のような防具的な形も考えてみたけれど。

どれも納得の行く想像が出来なかったわ。

手袋、帽子、腕輪、指輪、服。

どれだけ考えても『これ』っていう形が思い浮かばないのよ。

何か良い物がないかな~?って考えること、数時間。

それでも結局、何も決まらなかったわ。

だから私は今もルーンの形を考え続けてる途中なの。

何がいいのかな~?

なんて、考えている間に不意に足音が聞こえてきたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ