挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

406/4820

翔子らしい

《サイド:天城総魔》

………。

この状況はどうなのだろうか?

翔子らしいと言うべきだろうか?

「…可愛いさ…優先…で?」

隣にいる翔子がブツブツと独り言を続けているのが気になった。

「でも…強く…よ…ね~」

詳しい内容は聞き取れないが、
どうやらルーンについて考えているようだな。

だとしたら、そっとしておいたほうが良いかもしれない。

わざわざ邪魔をする必要はないからな。

翔子に関してはしばらく様子を見ることにして、
ひとまず黒柳に話しかけることにした。

「そろそろ始められそうか?」

「ああ、すでに一通りの準備は終わっているはずだ。あとは実際に何をするのかという打ち合わせが必要だな」

「そうか…」

実験の内容を決めなくてはならないようだ。

幾つか考えていることはあるが、
まずは順番に進めていくべきだろう。

実験の方針を決めてから、今回の目的を説明することにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ