挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

402/4820

抱きしめていると

《サイド:御堂龍馬》

彼と真哉の戦いを見届けたあとで、
特風会に向かうために校舎の屋上へと移動した。

だけどさすがに検定試験会場からここまでは遠いね。

普段なら気にならないけれど、
今は沙織を抱きかかえているから余計にそう思ってしまう。

…けれど、この状況に不満なんてないよ。

こうなってしまったことは仕方がないことだと思うからね。

試合をする以上はどちらかが勝って、どちらかが負けるのは当然の結果なんだ。

それ自体に不満なんて言えるわけがない。

それに、沙織は単に眠っているだけだからね。

彼を責めることなんてできないよ。

まあ、そもそもそんなことを考えようとも思わないけどね。

それよりも。

こうして沙織を抱きしめていると、
沙織を守ってるっていう感じがするから、
それほど悪い気分ではないね。

むしろ落ち着いて行動できる余裕が持てているかもしれない。

校舎の階段を上る途中で体力的な限界を感じかけてはいたけどね。

それでも沙織一人くらいなら抱きかかえていても良い運動だったと思うよ。

大切な仲間だからね。

落とすようなことは絶対にしない。

しっかりと沙織を抱きかかえたままで、屋上にたどり着いたんだ。

そして屋上に着いてからすぐに、
正面にある会議室に入ることにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ