挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

397/4820

微妙な回答

「どうかしましたか?」

「え?あ、ううん。何でもないの。ただ、ちょっとだけ仲が良いんだな~って思っただけよ」

懸命にごまかしてみる。

上手くごまかせたかどうかはわからないけど。

「そうですよ~!優奈は親友ですからっ!」

悠理ちゃんは優奈ちゃんと腕を組んでから嬉しそうに微笑んでくれたわ。

力いっぱい宣言する悠理ちゃんの行動のせいで、
優奈ちゃんは恥ずかしそうに顔を赤く染めてるわね。

うわぁ~。

照れる仕草が可愛いわね。

年下の女の子っていう基準で見ればもう完璧じゃない?

こうなると同世代と年下のどっちが好みなのか、総魔に聞いてみたい気がするわね。

でもまあ…怖くて聞けないわ。

もしも年下って言われたらそこでジ・エンドよね?

私の想いは木っ端微塵よ。

そんなの嫌。

だから聞かないし聞きたくないわ。

本気でそう思うから総魔の気持ちを保留にして優奈ちゃんに訪ねてみることにしたわ。

「ねえ、二人は好きな食べ物とかってあるの?」

当たり障りのない会話から情報を引き出すのよ。

それが私の特技っ!!

なんて思っていると、悠理ちゃんから答えてくれたわ。

「好きな物っていうか、ネバネバしたものは苦手です」

「納豆とか?」

「最悪ですね」

本気で嫌いみたい。

まあ、匂いがちょっと…とは、私も思うわ。

味は悪くないのよ?

だけど、匂いは気になるわよね。

って、まあ、今は悠理ちゃんの好みは重要じゃないのよ。

私が知りたいのは優奈ちゃんのことなの。

「優奈ちゃんは?」

「私ですか?その、特に好き嫌いはないんですけど、お母さんの作ってくれるご飯が一番好きです」

あ~。

なるほど。

そんな感じなのね。

素晴らしい回答だと思うわ。

文句の付け所がないからよ。

「優奈ちゃんのお母さんは料理が上手なのね。それじゃあ、優奈ちゃんも得意だったりするの?」

最も肝心な部分をさりげなく聞き出す!

この話術は龍馬や沙織にだって負けないわよ。

「優奈ちゃんの手料理とか、期待できそうよね~」

なんて、遠まわしに褒めてみると…

「どうでしょうか?お父さんとお母さんは褒めてくれますけど、お家以外で作ったことはないので自分ではわかりません」

優奈ちゃんは控えめに答えてくれたわ。

でもね?

これって微妙な回答よね?

出来ることは出来るけど、誰も知らないってことよね?

実際に食べてみないと分からないけど。

ご両親が甘い評価をしてるかもしれないし。

実際に美味しい料理が作れちゃってる可能性もあるのよね?

こうなると、さすがにこれ以上の情報を引き出すのは難しいわ。

実際に作ってもらわないことには評価できないからよ。

だけどね。

お願いした結果として本当に美味しかったら、
私の行動は優奈ちゃんの評価を上げちゃうだけじゃない?

もしも総魔が食べて美味しいなんて言っちゃった日には、
私は家庭科室に閉じこもって3ヶ月は修行することになるでしょうね。

それこそ沙織に土下座してでも料理を極めてみせるわ。

…って、話がそれてるわね。

ひとまず聞き込みは出来たのよ。

重要なのは手に入れた情報をどう活用するかなのよ!

現時点で分かってることは優奈ちゃんは料理が得意かも知れないし、
そうじゃないかもしれないというあいまいな情報だけ。

だけど、対する私は料理ができないという現実。

この状況から考えられる最善策は一つしかないわね。

さっさと料理を覚えるべきなのよ。

最低限、お弁当を作れる程度にはなっておくべきだと思うわ。

難しい料理を覚える前に、簡単なことからできるようになるべきなのよ。

でもね~。

わかってはいるんだけどね~。

はぅぁぁぁぁぁ…。

考えるだけで憂鬱ゆううつになれるわ。

わりと本気で苦手なのよ。

やったことがないからなんだけどね。

はぁ…。

面倒だけど、沙織にお願いしてみようかな?

さすがに家に帰ってお母さんに教えてもらうとかは理由を聞かれそうで恥ずかしいから無理。

だから、とりあえずはあれよ。

成美ちゃんに食べさせてあげたいっていう口実で沙織に教わるのが一番無難でしょうね。

まあ、実際に成美ちゃんの喜ぶ顔も見たいし。

料理を勉強するいい機会かも知れないし。

とりあえず、今晩から勉強してみようかな~?

なんて、考えていると…

「優奈の手料理か~。私も食べてみたいな~」

悠理ちゃんが余計なことを言いだしたのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ