挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

393/4820

本業

「あの…。本業って何ですか?」

理事長さんの言葉の意味を尋ねてみると。

「特風の活動のことだよ。」

御堂先輩が教えてくれました。

「最近は検定会場に缶詰状態で、まともに活動出来ていないからね。そろそろ委員会の活動に戻るように釘を刺したんだと思うよ」

ああ、なるほど。

御堂先輩の説明で納得できました。

私と悠理ちゃんは無所属ですが、
翔子先輩と御堂先輩は特別風紀委員の委員さんです。

委員会のお仕事があるのは当然ですよね。

「みなさん、お忙しいんですね」

「あ、いや、どうかな?みんながみんな仕事を抱えてるわけじゃないから忙しいというほどではないよ。だけどまあ、このままここにいても仕方がないから、ひとまず特風会に行って様子を見てこようかな」

様子を見に行くと言った御堂先輩は、
意識を失ったままの常盤先輩を抱き抱えてから会場を出て行きました。

お姫様だっこです。

ちょっぴり羨ましいですね。

私も…と思って総魔さんに視線を向けようとしたのですが、すぐにやめました。

実際にそうなったら嬉しいよりも恥ずかしいからです。

考えないようにしようと思い直してから、御堂先輩の背中を見送ろうとすると…。

「折角だし私達も行くわ」

今まで黙って様子を見ていた百花先輩が里沙先輩と手を繋いで御堂先輩のあとを追って行きました。

桃花先輩も里沙先輩も特風所属なので、
一緒にお仕事をするようですね。

会場を出るために離れていく先輩達を見送ったあとで。

今度は翔子先輩が動き出しました。

「さて、と。色々と面倒だから、とりあえず救急班を呼んで来るわね~」

翔子先輩も私達から離れて行きました。

残ったのは私と悠理ちゃんと総魔さんだけです。

急に人数が減ってきた私達に、今度は黒柳さんが話し掛けてきました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ