挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

390/4820

雑な扱い

北条先輩の背中に置いている総魔さんの手が光を放っています。

回復魔術を使用しているようですね。

ボロボロと言えるほどの大怪我をしていた北条先輩の体から、
全ての傷が綺麗に消え去っていきました。

あっという間ですね。

ホンの数秒で治療を終えたようです。

その光景を見ているだけで、総魔さんの凄さが分かります。

私には絶対に真似できません。

きっと他の誰にも出来ないのではないでしょうか?

そんな気がします。

「もう、治療は終わりですか?」

「ああ、これ以上やるべきことは何もない」

治療は終わったようなのですが、
それでも北条先輩が目覚める様子はありませんでした。

怪我は治っても意識は戻っていないようですね。

「意識は戻らないんですか?」

「出来なくはないが、急ぐ理由がないなら強制的に覚醒させるのはやめておいたほうがいい。精神的な部分に負担が残るだろうからな」

ああ、なるほど。

総魔さんがそう言うのなら、そうなのかもしれませんね。

私にはよくわからない部分ですが、
医学的な問題があるのかもしれません。

「ふ~ん。精神的な負担ね~。反省っていう言葉を知らない馬鹿でもそういうのってあるのかしらね~?」

翔子先輩は北条先輩のほっぺをぺちぺちと叩いていました。

そっとしておくという考えはないようですね。

「さっさと起きなさいよ~!」

北条先輩の耳元で叫ぶ翔子先輩でしたが、それでも目を覚まさないようでした。

「…う~ん、起きないわね~」

翔子先輩がため息を吐いたことで、
静かに様子を見ていた総魔さんが話し掛けました。

「おそらく、復帰したばかりで無理をしたために精神に負担がかかっているのだろう。魔力を失って昏倒した程度なら魔力の供給で対処出来るが、単純な気絶を無理に治そうとすると意識や思考能力に悪影響を与えかねないからな。このまましばらく待って自然と目覚めるのを待つほうが無難なはずだ」

「ん~そっか~。そういうことなら仕方ないのかな?まあ、自業自得だしね~」

自業自得…なのでしょうか?

それって試合を始めた北条先輩が悪いという意味ですよね?

確かに試合を言いだしたのは北条先輩だったと思います。

ですが。

そんなふうに言ってしまうと、
何となく可哀想な扱いな気がします。

できればもう少し心配してあげたほうが良いと思うのですが…。

「それじゃあ、とりあえず放置決定ね」

翔子先輩にそのつもりはないようですね。

意識のない北条先輩の手を掴みとってから容赦なく引きずり始めました。

「あ~、ったく、もう~。重いわね~」

ずりずり…と、引きずられていく北条先輩の扱いが物凄く雑です。

せっかく総魔さんが治療をしたのに、
余計な擦り傷が増えてしまいそうな気がします。

「あ、あの…。私も手伝いましょうか?」

黙って見ているわけには行かないと思って尋ねてみたのですが…。

「だいじょぶ、だいじょぶ♪」

翔子先輩は一旦、北条先輩の手を離してから、小さく手を振りました。

手伝わなくてもいいという意味ですね。

「こいつには、これくらいで丁度いいのよ」

翔子先輩は笑いながら北条先輩を試合場の外まで引きずり出しました。

「で、この辺りでとりあえず放置!」

あっさりと手を離して、北条先輩を放り出しちゃいました。

仮にも北条先輩は病人だと思うのですが、扱いがとても雑ですよね…。

「あの…。ちゃんと医務室に運んだ方が良いと思うんですけど?」

「いいの♪いいの♪どうせすぐに起きるでしょ?医務室まで運ぶのは面倒なだけよ」

笑顔で北条先輩を放置した翔子先輩は、本気でこのまま放っておくつもりのようですね。

私としてはこのままにしておくのはとても気が引けるのですが、
どう頑張っても私の力では医務室までは運べません。

引きずっていくわけにも行きませんし…。

どうすればいいのでしょうか?

「どうしよう?悠理ちゃん」

隣にいる悠理ちゃんに尋ねてみると…

「怪我してる訳でもないんだし、別に良いんじゃない?」

悠理ちゃんは全く気にしていないようでした。

はう~。

本当に良いのかな?

良くないと思うのですが…。

私一人ではどうすることもできません。

なので。

ちょっぴり悩んでから、さりげなく総魔さんに視線を向けてみました。

ですが…。

「しばらく待っていれば目覚めるはずだ」

総魔さんも運ぶつもりはないようです。

こうなると、他の人にお願いしてみたいのですが…。

「「………。」」

里沙先輩も百花先輩も手を貸してくれそうにはありませんね。

視線を向けただけで、軽く拒絶されてしまったんです。

結局、誰も手を貸してくれないようです。

なんだかとっても可哀相な扱いだと思います。

それでも何とか出来ないかな?って考えていると。

役目を終えた黒柳さん達と理事長さんが私達に近付いてきました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ