挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

383/4820

最も頂点に近い場所

《サイド:御堂龍馬》

………。

何が起きているんだ?

これは偶然なのか?

それとも必然なのか?

そんな些細なことにさえ疑問を感じてしまうくらい。

僕は驚くべき瞬間に立ち会ったんだと思う。

試合場に視線を向ける僕と悠理。

その視線の先で、深海さんと由香里が試合をしていたんだ。

現在3位のはずの由香里と、数日前までは初心者だった深海さんが戦ってる。

そして二人の手にはルーンがあった。

由香里のルーンは僕もよく知っている短剣『グラディウス』だ。

『風』と『氷』の属性を持つ強力な武器なのは知ってる。

まともに一撃を受ければ一瞬で氷像になってしまうほど危険な武器なんだ。

だけど。

深海さんのルーンを僕は知らない。

いや、それ以前に。

深海さんがルーンを使えるようになっていること自体、知らなかったんだ。

一体、あのルーンにはどんな能力が秘められているのだろうか?

深海さんの手にあるのは、彼女の身長を大きく上回る漆黒の長弓だ。

翔子の金色のパルティアとは全く違うけれど。

深海さんもルーンを弓として作り上げたようだね。

神風かみかぜっ!!」

由香里の短剣から全力で放たれる衝撃波が深海さんに襲い掛かった。

だけど、深海さんは一歩も退かない。

「負けませんっ!」

弓を構えた深海さんは銀色に輝く光の矢を放って、
由香里が生み出した衝撃波を迎撃した。

『風』と『光』

二つの力がぶつかり合ったんだ。

その衝撃だけで、会場内の空気が震えるほどだった。

だとすれば。

実際に試合場内に立っていたら、かすり傷では済まない痛みを感じていただろうね。

それほど強力な力がぶつかり合っているんだ。

だけど。

優奈さんの放った光が、由香里の風に競り勝ったようだ。

風を突き抜けた光の矢が、由香里に襲い掛かろうとしている。

「くっ!押し負けるなんて…っ!」

光の矢を防ぐために、由香里は次の行動に出た。

氷壁ひょうへき!!」

足元に短剣を突き刺して、巨大な氷の壁を生み出したんだ。

おそらく光の屈折を狙っていたんじゃないかな?

下手に防ぐよりも受け流したほうが安全だと思ったんだと思う。

氷の壁によって光の矢を遮ろうとしていたようだけど…。

光の矢が突き刺さった瞬間に。

氷の壁はあっさりと砕け散ってしまっていた。

「…そ、そんなっ!?」

驚愕の表情を浮かべる由香里に、光の矢が突き刺さる。

防御に失敗したわけだからね。

回避は難しかったと思う。

「く、ぅっ…!?」

由香里の胸に突き刺さる光の矢。

銀色にきらめく光りの矢は、由香里の背中を突き抜けてから消失した。

「…う、嘘でしょ?ま、魔力が…。」

苦痛を感じる由香里が表情を歪めた瞬間に異変が起きた。

由香里の体から微かな光が放出されたのと同時に、
深海さんの体が光を帯びて由香里の魔力を吸収していたんだ。

「まさか、あ、あなたも、なの…?」

薄れ行く意識の中で、
由香里は深海さんに手を伸ばしながら力尽きた。

その瞬間に、決着がついたようだね。

「試合終了!!」

宣言したのは百花だった。

今まで気が付かなかったけれど、百花が審判をしていたようだ。

試合を終えて笑顔を見せる深海さんが彼に振り返っている。

その様子を眺めながら考えてみる。

僕の記憶が正しければ、これで彼女は3位へと勝ち進んだことになるはずだ。

彼女の上にはもう真哉と沙織しかいないことになる。

だとすれば。

現時点で最も頂点に近い場所にいるのは深海さんなのかもしれない。

うーん。

ようやく彼に追いつくことができたけれど。

彼は今、何番なんだろうか?

疑問を感じながらも、ひとまず彼に歩み寄ってみようとすると…。

「り、龍馬…っ?」

再び僕に呼び掛ける人物がいた。

だけどそれが誰かなんて考えるまでもないと思う。

聞き間違えるはずのない声だからね。

彼女の声だけは、絶対に間違えない自信がある。

そう思って即座に振り返ってみたんだけど…。

その瞬間に。

ここでまた新たな疑問が生まれてしまった。

「沙織?」

僕を見つめる沙織の隣には里沙がいたんだ。

そして何故か沙織は里沙に引きずられていた。

どういうことだ?

状況が飲み込めない。

何が起きているのかが分からないんだ。

「沙織!里沙!」

二人に呼びかけようとしたけれど。

「ごめんね、御堂君。今、ちょっと取り込み中なの」

里沙は僕を放置して突き進んでしまう。

「もう!ほらぁっ!沙織が急がないから、終わっちゃったじゃない!!」

「ちょっと、待ってよ、里沙…っ。あっ、ちょっ、龍馬っ!?」

沙織は強引に引きずられていってしまった。

何が起きているんだろうか?

状況が理解出来ないままだけれど。

このままここで立っていても仕方がないとは思う。

「とりあえず、僕達も行こうか?」

「はい」

悠理と共に、里沙と沙織の後を追って彼の元へと歩みを進めることにしたんだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ