挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

382/4820

運命

《サイド:近藤悠理》

よしっ!

御堂先輩と合流出来たわ。

ここで出会えたのは些細な偶然だけど。

ちょっとだけ運命的な出会いだった気はするかな?

あ、でも、もちろんそれは恋とかそういう意味じゃないわよ。

まあ、憧れてはいるんだけどね…。

だけど付き合いたいとかそういう意味じゃないわ。

そうじゃなくて。

同じ時間に、同じ場所で出会って、同じ場所へ向かうこと。

そして『この試合』を見ることが、
運命付けられていたんじゃないかな?ってね。

そう思ったの。

それぐらい奇跡的な瞬間をこの目で見たと思うからよ。

他の誰よりも大好きな優奈が。

試合で勝ち上がる瞬間を。

私はこの目で見届けたのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ