挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

381/4820

だけじゃない

そしてようやく。

ようやく僕は帰ってきた。

頂点を目指してたどり着いた第1検定試験会場。

ここが僕達の目指していた場所になる。

すでに通い慣れているはずの会場なのに、何故かとても懐かしく感じてしまうね。

降格していたのはたった数日なのに。

それなのにとても長い間、離れていたような気がするんだ。

だからかな?

この場所に『帰ってきた』と思えたんだ。

「さあ、会いにいくよ」

彼と合流するために会場内へ足を進めようとしたんだけど…。

「先輩~!!」

誰かが背後から僕に駆け寄ろうとしているようだった。

この声は…?

聞き覚えのある声だね。

すぐに振り返ってみると…

「悠理!」

笑顔を浮かべながら駆け寄ってくる悠理がいたんだ。

最初の会場で別れてからずっと会っていなかったけど。

あの頃よりもずいぶんと成長したように見えるかな。

特別何かが変わったわけじゃないけれど。

どことなく自信に満ち溢れているようなそんな気がするんだ。

だからきっと。

悠理もどこかで頑張っていたんじゃないかと思う。

「久しぶりだね。」

「はぁ…はぁ…。はい。先輩、お久しぶりです。」

僕の側に駆け寄って呼吸を整える悠理の表情はとても嬉しそうに見えた。

「しばらく会わないうちに成長したようだけど、今は何番なんだい?」

「9999番です!」

ははっ。

ギリギリの番号だね。

だけどその番号はセカンドへ進んだことを示しているんだ。

「そうか、良く頑張ったね。おめでとう」

「はい!ありがとうございます!」

いい笑顔だと思う。

僕や翔子だけじゃないんだ。

もちろん彼や深海さんだけでもない。

悠理や…。

おそらくは武藤君も成長しているはずなんだ。

「みんな、頑張ってるんだね」

そう思えたからこそ。

頂点という舞台を目指して、再び会場へと視線を向けてみた。

ここが僕達の居場所なんだ。

そしてここが僕の望む決戦の地なんだ。

「行こう、悠理」

「はい!」

悠理と共に、会場内へと足を進めることにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ