挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

380/4820

もうすぐきみに

《サイド:御堂龍馬》

第2検定試験会場で、僕は試合を行っている。

ルーンを構えながら、
相手の動きを眺めているところだ。

「メガ・フレア!!!」

相手の魔術が発動し、巨大な炎が僕に向かって放たれた。

だけど、ね。

この程度の攻撃はもう僕には通じないんだ。

「無駄だよ」

ダークネスソードを握り締めて、漆黒の刃で炎を切り裂く。

ただそれだけの迎撃によって一瞬で掻き消される炎を見据えながら、
踏み込んだ勢いのまま対戦相手に狙いを定める。

「これで終わりだね」

「うっ!うわああああああああっ!?」

怯え、恐慌状態の相手に横薙の一撃を入れた。

この瞬間に、僕の勝利が確定した。

ダークネスソードの一撃を受けた生徒が意識を失って倒れたからだ。

「試合終了!勝者、御堂龍馬!」

よしっ!

最後の試合を終えたことで、
僕は新たな生徒番号を手に入れた。

現時点で最高位となる105番だ。

残念ながら104番より上の生徒が今はいないからね。

この数字で満足するしかない。

それでもここに至るまでの全ての会場を無敗で乗り越えることができたんだ。

十分な結果だとは思う。

これで残る会場はあと一つだけになった。

彼が待つはずの最後の会場だけだ。

「もうすぐだ。もうすぐきみに辿り着ける」

これから向かう最後の検定会場。

そこで天城総魔は待っているはずだ。

頂点を決める決戦の舞台。

彼が待つ会場に、僕も向かうことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ