挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

376/4820

勘違い

《サイド:深海優奈》

ふわぁ~。

すごかったですね。

私とは違って、
最初から最後まで余裕が感じられる試合でした。

やっぱり総魔さんは別格です。

これまで見てきたどの生徒よりも、
圧倒的な実力があるように思えてしまいます。

「すごいですね」

素直に言ってみると。

「まだまだ実験段階だ。真の能力が発揮されるのはもう少しあとになるだろう」

総魔さんはまだ満足していないようでした。

はうぅぅ~。

今でも既にすごいのに、
総魔さんはどこまで強くなるのでしょうか?

今まで以上に気になってしまったのですが。

試合を終えた総魔さんは、
ルーンを解除してからまっすぐに里沙先輩の前へと歩みを進めました。

「頼みがある」

「えっ?な、な、な、なにっ?まさか私と試合したいの!?無理よっ!無理、無理、無理、無理、無理、無理、無理ぃっ!!!私じゃ相手にならないわっ!!」

全力で拒絶している里沙先輩ですが、
総魔さんの目的は別にあるようです。

「今更、お前達と試合を行うつもりはない。頼みたいことは別だ」

「えっ?そうなの?だったら早く言ってよ。物凄く焦った自分が馬鹿みたいじゃない」

「勝手に勘違いしただけだろう?」

「そうだけど~。本気で死ぬかと思ったのよ」

安心して笑いだす里沙先輩ですが、
総魔さんは特に気にした様子もないまま話を続けます。

「一応、確認するが。現在3位は和泉だったな?」

「ええ、そうよ」

「学園2位は常盤沙織で間違いないな?」

「そうだけど、それがどうかしたの?」

「当然、試合を申し込む」

「「「!?」」」

総魔さんの発言に驚く私達。

そんな私達の戸惑いさえ気にせずに、総魔さんは話を続けました。

「沙織とは俺が戦うつもりだが、その前に優奈と和泉を戦わせたい」

「えっ!?私ですか!?」

学園3位の方と試合?

5位になったばかりなのにもうですか!?

驚きのあまりに何から話せば良いか分からなくなる私に視線を向けた総魔さんが尋ねてきます。

「出来るな?」

総魔さんに聞かれて無理だとは言えません。

総魔さんはいつだって私のことを考えてくれているからです。

だからきっとこの試合にだって何か意味があるはずです。

そう思えば断る理由なんてありません。

「はい」

小さく頷く私を見て満足したのでしょうか?

総魔さんは里沙先輩へと視線を戻しました。

「すでに結界の準備は整っているから次の1時間を待つ必要はないはずだ。見つかり次第、試合を継続する。その為に二人を呼んできてもらいたい」

「本気で言ってるの?」

「ああ」

戸惑う里沙先輩に、総魔さんは静かに頷きました。

それを見て里沙先輩も覚悟を決めたようです。

「分かったわ。呼んで来る。だけど距離があるから時間がかかるわよ?」

「ああ、問題ない。ここで待ってる」

「分かったわ。急いで呼んで来るわからちょっと待っててね」

呼びに行くと言って、里沙先輩は会場を飛び出して行きました。

「それじゃあ、私も行ってくるわ」

百花先輩も里沙先輩の後を追って走り去って行きます。

あとに残されたのは私と総魔さんだけです。

そして…

総魔さんは所長さん達の方へと振り返って歩きだしました。

「報告ですか?」

「ああ。黒柳達がいなければ、試合が成立しないからな」

歩み出す総魔さんの後を追って、私も歩きだしました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ