挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

374/4820

スペルブレイカー

《サイド:深海優奈》

ふぅぅ…。

岩永さんに勝利したことで、
私の生徒番号は5番にまで上がりました。

2万人を越える学園で『5位』というです。

そう考えるととても凄いことに思えて自然と体が震えてしまいます。

こういう感覚を達成感と言うのでしょうか?

今はまだ実感がありませんが、
自分自身の力で、ここまで来ることが出来たんです。

そのことは喜んでもいいのではないでしょうか?

もちろん今でもまだ能力に頼っているという罪悪感はあるのですが、
能力そのものは私の力として認めるべきものです。

ただ肝心の能力が吸魔という反則的な力なのですが…。

それでも私自身の力であることは事実です。

決して変えることのできない私自身の力なんです。

まだまだ誇らしく堂々と…とは言いにくいのですが、
決して恥ずかしく思うことではないと思います。

だから…

だからちゃんと前を向いて進もうと思います。

後ろめたい気持ちを抱えるのではなくて、
私自身が成長してちゃんと戦えるようになるためにです。

そうすればきっと。

いつかきっと。

この罪悪感から解放される時がくると思うからです。

それまで努力し続けようと思います。

「見て頂けましたか?」

「ああ、確認した。」

試合を終えて尋ねる私に、総魔さんは静かに頷いてくれました。

「予想していた通りに確実に成長しているな。所持者と戦うことでルーンに覚醒するだろうと考えていたのだが、たどり着いた答えは『遠隔吸収』か、良い力だ」

「はい!」

総魔さんに褒められたことが、嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。

こんなに嬉しいと思ったことなんて今までなかったかも知れません。

「ありがとうございます」

幸せ一杯の気分で微笑んでいると。

「おめでとう、深海さん。」

百花先輩が話し掛けてくれました。

「せっかくだからルーンの名前を聞いておきたいんだけど、もう決めてるかしら?」

落ち着いた雰囲気と冷静さを感じさせる百花先輩ですが、
瞳からは興味津々という感じがします。

私のルーンが気になるのでしょうか?

ですが…。

どう答えればいいのかわかりません。

ルーンの名前って、誰が考えるんですか?

私ですか?

それとも何か参考になるような歴史上の武器から名前をつけるんですか?

よくわかりません。

「え~っと。特には、何も…」

「ふ~ん。それなら、今ここで適当に決めてしまえば?」

「え?でも、思い付く名前なんて…」

頭を悩ませていると。

「ヴァンガードなんてどう?」

会話に入り込んできた里沙先輩が名前をつけてくれました。

「何か意味があるんですか?」

「ううん。ただの響き」

………。

里沙先輩は自信満々の笑顔で適当に答えていました。

そんな投げやりな感じで良いんでしょうか?

黙り込んでしまった私に。

「確か『神将』という意味の名前だったと思うけれど…」

百花先輩が説明してくれました。

「そうなんだ?」

里沙先輩は気にした様子もなく、笑顔で聞き返しています。

「言葉そのものしか知らないのね?」

「うん!てきとう!てきとう!」

「………。」

どこまでも楽しそうな感じの里沙先輩の姿を見つめながら、
百花先輩は大きなため息を吐いています。

「まあ、何でもいいけどね」

良いんですか?

私の意見はどこに行ってしまったのでしょうか?

発言する機会さえないまま。

二人の先輩の会話によって、
何故かルーンの名前はほぼ強制的にヴァンガード(仮名)ということになってしまいました。

あぅぅぅ~。

名前そのものに不満があるわけではないのですが、
勝手に決まってしまったことにもやもやとした気持ちを感じてしまいます。

とは言え。

他につけたい名前があるわけでもありませんので、
このままでもいいのかもしれません。

それよりも。

個人的には他に気にするべきことがあります。

「あの…」

総魔さんに話し掛けてみます。

「総魔さんは?」

これからの試合でルーンの実験を行うのなら、
総魔さんのルーンの名前は何なのでしょうか?

尋ねてみたことで。

「ひとず『スペルブレイカー』と名付けた」

総魔さんは隠さずに答えてくれました。

スペルブレイカー?

それはどういう意味でしょうか?

名前の意味までは分かりませんが、
総魔さんはルーンの名前を言い残してから試合場へと向かって行ってしまいます。

そして総魔さんは一言も話すことなく試合場に立ちました。

その様子を黙って見ていたもう一人の男子生徒も静かに試合場へと入ります。

里沙先輩に聞いたところ、
彼の名前は三津井隆典(みついたかのり)さんだそうです。

生徒番号は4番なので、私が戦った岩永さんよりも一つ上の番号ですね。

当然、岩永さんよりも強いと思うのですが。

正直、彼の実力がどうこうよりも総魔さんのルーンが気になって仕方がありません。

これから見ることになる『スペルブレイカー』

それがどんな能力なのかをこの試合で見ることが出来ると思うだけで、
待ち遠しくて仕方がありません。

試合場で向き合う二人。

三津井さんは今、何を思っているのでしょうか?

そして総魔さんはどうするのでしょうか?

私と里沙先輩と百花先輩。

それに所長さん達。

他にも多くの人達がこの試合に注目しています。

この試合の行く末に。

誰もが視線を外すことが出来ないでいるようでした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ