挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

372/4820

発動

「どういうつもりか知らないが、手加減はしないぜ!!」

試合開始と共に、岩永さんの両手にルーンが現れました。

真っ赤に燃え盛る炎を帯びた長い槍です。

一振りする毎に炎が舞い踊り、
残像すら見えるくらいに勢いよく燃え盛っています。

危険度は全く異なりますが、
花火を振り回した時のような感じですね。

炎自体はそれほど危険だとは思いませんが、
いくら魔術が吸収出来るといっても、
あの槍に刺されたら怪我では済まないと思います。

「全力で行くっ!降参するなら急ぐことだなっ!!」

全力で駆け出す岩永さんの槍の矛先はものの数秒で私へと届いてしまう距離です。

慌てて逃げようとしてみましたが、
運動が苦手な私では足の早さで勝てるはずがありません。

慌てて逃げる私の体を何度も槍の炎がかすめてしまいました。

ですが。

予想通り、炎そのものの影響はないようです。

あの槍が安全かどうかは受けてみないことには分かりませんが、
炎によって怪我をするということはなさそうでした。

だからといって自分から槍に飛び込む勇気なんて私にはありません。

自分で言うのもどうかと思いますが、
物理的な攻撃はどうしようもないからです。

試合場内での物理的な暴力は無効化されるはずですが、
ルーンによる殴打や斬撃は有効のはずです。

なのでどうにかして槍から逃げないといけないのですが。

いつまでも逃げ切れる自身なんてありません。

だから必死で考えてみようと思います。

まずは魔術で反撃したいところですが…。

槍から逃げることが精一杯ですので、とてもゆっくりと詠唱している暇はありません。

どうにかしないといけないのですが、
焦る私に岩永さんは容赦なく槍を振り回してきます。

『ブンッ!!』と風を切る音が聞こえる度に、
背筋が凍りつくような感覚を感じてしまうんです。

武器を持って迫って来る岩永さんが怖くて、
まともに集中することさえ出来ませんでした。

当たりたくない、と心の中で叫びながら試合場を逃げ回るのが精一杯です。

ですが、そうそういつまでも逃げ続けられるほど、体力にも自信がありません。

転げ、倒れ、逃げ回る私に迫り来る槍の恐怖。

なんとか…

なんとかしないと…

槍の届かないところから…

反撃出来れば…っ!!

そう思った瞬間に。

ん?

あれ?

意識の片隅で何かが形作られて行くのを実感しました。

これはなんでしょうか?

一瞬だけ悩んでしまいましたが、
その答えはすぐに思い浮かびました。

もしかして!?

不意に思い浮かんだその『形』

両手を前に突き出すことで、ついにルーンを発動させることに成功しました。

『ガキィィィン!!』と鳴り響く激突音。

動きを止めた私を貫こうとして槍を突き出した岩永さんの攻撃を…

私のルーンが受け止めていました。

「ちっ!お前も所持者かっ!!」

一旦後方へ下がる岩永さんが距離をとってくれたおかげで、
少しだけ気持ちに余裕が出てきました。

じっくりと見つめてみる私の手元には、光り輝く弓があります。

全長は2メートル以上でしょうか?

私の身長よりもずっとずっと大きいです。

細身のとても長い弓なのですが、
里沙先輩の杖と同じように、不思議なくらい重さが全く感じられません。

これが私のルーンのなのでしょうか?。

初めて手にする力の実感。

自分自身の力の結晶を手にして、何故か暖かい気持ちになれました。

どうしてかは分かりませんが、何も言わなくても分かるんです。

何も聞かなくても分かるんです。

この弓は私自身と同じだから。

だから今なら出来る気がします。

生まれて初めて手にしたはずの弓なのに、体が自然と動いているからです。

まるでそれが当たり前のことのように。

今まで何千回と繰り返してきたことのように。

自然と体が動いていたんです。

左手で弓を構えて、右手で弦を引き絞ってみると。

両手の間を繋ぎ止めるかのように光り輝く大きな矢が現れました。

「何をするつもりだっ!!」

戸惑う岩永さんは槍の矛先を私へと向けて、炎の力を発動させました。

(ほむら)!!」

突き出した槍の先から炎の塊が生まれて巨大な炎が放たれたんです。

それは目を覆いたくなるほどの迫力を持った巨大な炎です。

ですが私は逃げることなく、
せまりくる炎に向けて光の矢を放ちました。

一瞬にして手元を飛び出した光の矢。

その矢が迫り来る炎に突き刺さりました。

ぶつかり合う『炎』と『光』。

それは一瞬の出来事でした。

光の矢が炎を貫いた瞬間に、
私の体を丸ごと飲み込めそうな巨大な炎があっさりと消滅したんです。

そして、その直後に…。

炎を突き抜けた光の矢が、岩永さんの体に突き刺さりました。

「ぐはぁっ!ば、馬鹿な…っ!?」

矢に貫かれたお腹を両手で抑える岩永さん。

体の中心を貫いた光の矢が、まばゆい輝きを放って消失しました。

その次の瞬間に。

私の体が微かに輝いて、岩永さんの魔力を全て吸収していました。

光の矢が岩永さんの魔力を奪い取ったんです。

全ての魔力を失ったことで試合場に倒れ込む岩永さんを見て、
私はルーンの本当の力を知りました。

遠隔からの魔力吸収。

それが私の力だったんです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ