挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

363/4820

収集

そしてたどり着く試合場Bー5。

私と淳弥は試合開始位置に立ってお互いに向かい合っているわ。

真剣な表情を浮かべる私とは違って、何故か淳弥は楽しそうに微笑んでいるわね。

「何がそんなに楽しいのよ?」

尋ねる私に、淳弥は笑顔を崩すことなく答えてくる。

「こうして翔子と戦える日が来るとは思ってなかったからさ」

「あぁ、そう」

なんだかもう真剣に話し合うことさえバカバカしくなってくるわね。

「要するに私をボコボコにしたいわけね?」

「いや、そんなつもりはないんだが…。もしかして翔子は俺の能力を知らないのか?」

能力?

そういえば気にしたこともなかったわね。

「全然、全く知らないわ」

断言する私を見て、淳弥はがっくりとうなだれてため息を吐いてる。

「…ったく。これでも一応、特風の仲間なんだから、ちょっとくらいは気にしてくれてもいいんじゃないか?」

「え~?だって興味ないし~」

「…うおっ。だからその言葉は、心に突き刺さるって言ってるだろ」

落ち込む淳弥だけど、とりあえず気にしないわ。

「結局、淳弥の能力って何なのよ?」

「俺の能力か?そうだな、属性は闇。特性は収集。そしてルーンはライブラリーグローブだ。」

ライブラリーグローブ?

変な名前。

って言うか、グローブ?

手袋なの?

それってルーンなの?

「全然、強そうに思えないわね」

「かもしれないな。だがまあ、見れば分かるだろ」

ちょっぴり投げやりな感じで話を終えたわね。

まあ、私としても一から十まで教えて欲しいとは思わないけど。

ここまで意味不明な能力って珍しいわよね~。

そもそも『収集』って意味不明だし。

一体どんな能力なのよ?

見れば分かるって言われても、見てもわからない気がするわ。

「とりあえず、始めようぜ。始まったら見せてやるよ。俺の力をな」

やる気満々の淳弥だけど。

私も気持ちで負けるわけには行かないのよ。

とにかく戦ってみるしかないわ!

心に強く言い聞かせて淳弥と向かい合うと。

静かに歩みを進める審判がそっと右手を掲げたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ