挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月9日

355/4820

自分の為だけに

《サイド:御堂龍馬》

ふう。

ようやく第11検定試験会場にやってきた。

久し振りに僕自身の試合を行う為に、会場へと足を運んだんだ。

もちろん最初の会場で武藤君がどうしているのかは気になるけどね。

だけど彼も自分の道を進むことを決めた以上、
僕が口を出すべきじゃないと判断してる。

だから僕は次の会場に足を進めることにしたんだ。

昨日、今日と特風会に顔を出すこともせずに
会場に足を運び続けている僕としてはもう遠慮する理由は何もない。

ただ自分の為だけに勝ち上がっていくつもりでいる。

そう心に決めて、試合場へと向かっている。

ここからついに。

僕の戦いが始まるんだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ