挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月8日

352/4820

自分自身に

試合場Dー1。

試合場に着くとすぐに彼が姿を現したわ。

「きみが対戦相手か?」

複雑な表情を見せる彼は驚いているのか怒っているのか判断しづらい雰囲気だったわ。

「2度はないと思うが…」

はっきりとは聞き取れなかったけど、何かを呟いてるわね。

2度って、何の話かな?

首を傾げる私を眺めながら、彼は試合場の中へと足を進めてく。

「せっかくここまで戻ってきたんだ。同じ過ちを繰り返すつもりはない」

過ち?

よくわからないけれど。

何かあったのかな?

戻ってきたって言ってるけど。

もしかして一回降格したっていう意味なのかな?

詳しいことは知らないけれど。

彼は気持ちを引き締めるような真剣な表情で位置についたわ。

うぅ~ん。

さっきの試合とは雰囲気が違うのよね~。

知らない魔術とか連発されたら勝ち目がないんだけど大丈夫かな?

もしかして人選を間違えたかも?

別の人にした方がよかったかな?

そんな疑問を感じつつ。

私も試合開始位置へと足を進めてみる。

その後、中央に歩み寄る審判員。

「準備は良いですか?」

「ああ、いつでもいい」

「私も…」

問い掛けに答える彼と私の声を聞いて、試合開始が宣言されたわ。

「試合始めっ!!!」

即座に魔術の詠唱を始める彼の詠唱には聞き覚えがあるわね。

バースト・フレアよ。

私がもっとも迎撃を得意とする魔術でもあるわ。

まあ、失敗するとあとがものすごく気まずいんだけどね。

とりあえず行動しないことには勝利はありえないわ。

そう判断して私も詠唱を開始してみる。

「バースト・フレア!!!」

炎が発動した瞬間に。

「ウインド・カッター!!」

衝撃波を飛ばしたのよ。

「ち…っ!?」

舌打ちをしてから転がりながら逃げ出した彼がもといた場所で、残された炎が炸裂したわ。

「くそっ…!!」

衝撃を受けて吹き飛ばされた彼はそれなりの被害を受けたかもしれないけれど。

私の作戦が失敗したことは明白ね。

すぐに別の方法を考える必要があったわ。

「フリーズ・アローっ!!!」

って、早っ!?

体勢を整えながらも魔術を発動させた彼から迫り来る氷の矢に対処する為に。

私は風を生み出してみた。

「ウインド・クラッシュ!!」

『ブワッ!!』と一瞬の突風が吹いて、
直進して来る氷の矢を吹き飛ばしたのよ。

だけど全ての矢を防ぎ切れずに、
周囲に着弾した氷の矢が足場を減らすように足元で氷結してしまっていたわ。

ただ凍りつくだけならいいんだけど。

様々な形の氷は氷柱のように尖っているものが多くて、
下手に足を踏み出せば串刺しになりかねないのよね…。

かなり危険な状況だと思う。

急いでここから逃げないと…っ!

安全地帯を探して動き出そうとしたけれど。

その前にもっとも聞きたくない言葉が届いてしまったわ。

「コールド・ストーム!!!」

…やっば…!!!

もうすでに足場を気にしてる場合じゃなくなってしまったわ。

冷気が私の周りを取り囲んで徐々に迫って来るからよ。

足元の氷と周囲に迫る冷気。

逃げ道なんてどこにもない。

そう思ったけど。

一瞬の閃きが私を行動させてた。

急いで魔術を詠唱してみる。

ものの数秒で私を取り込むはずの極寒の冷気に怯えながら、
必死の思いで魔術を発動させたわ。

「ウインド・クラッシュ!!!」

私の魔術で相殺は不可能。

だけど!!

足元に向けて発動させる風の魔術。

私は唯一の逃げ道である『頭上』へと逃げる為に、
自分自身に向けて風を発動させたのよ。

ふわっ…と浮き上がる私の体。

その直後に。

私のいた場所を冷気が吹き荒れたわ。

そして。

風の魔術が消えた私は試合場に落ちてしまう。

冷気に包まれるよりはマシだと思うけど…。

そう思うんだけど…。

これはこれで地味に結構、痛かったわ…。

2階から落ちた感じ?

ちょっとどころじゃなく、わりと本気で怖かったのよ。

でもまあ、魔術からは逃げきれたからまだ良いのかな?

ぶざまに転げ落ちただけだけどね。

さすがに着地までは考えてなかったのよ。

そんな時間もなかったしね。

高所から飛び降りたような衝撃が私の体中に駆け巡ってる。

それでも骨に異常がないだけ運が良いかもしれないわ。

そんなふうに思いながら、必死に体を起こす私の視線の先で。

彼は次の魔術を詠唱していたわ。

ふらつきながら立ち上がる私はもう走る体力も逃げる気力もないわね。

負けるかな?

諦めそうな自分がいる。

あの冷気から逃げれただけでも十分、奇跡的なことだと思ったからよ。

だからここで負けても悔いはない…なんて。

そんなわけないじゃないっ!

私はまだ負けられないのよっ!!

折れそうだった心を無理矢理立て直して、彼の魔術に視線を向けてみる。

諦めないって…決めたんだからっ!!

痛む体を引きずる思いで足を進めてく。

私はまだ動けるのよっ!

最後まで諦めずに戦う意思を見せる私に、彼は新たな魔術を発動させてきたわ。

「フレア・アロー!!」

無数の炎の矢が、私に向かって降り注ぐ。

回避…不可能…?

絶望的な状況。

それでも諦めるつもりはなかったわ。

必死に詠唱していた魔術を…

炎の矢に対してではなくて、再び自分に向けて発動させてみる。

「ウインド・クラッシュ…!」

再び吹き飛ばされる私の体。

その背後で試合場に着弾する炎の矢。

私は彼に向かって『前進』してた。

「!?」

戸惑う彼に接近することに成功したのよ。

もっとも初歩的な魔術を発動させながら、彼に手を伸ばしてみる。

「ファイアー!!!」

突風に押される勢いを乗せて全力で放つ炎。

不意をつくことに成功して、私の一撃は彼に直撃したわ。

その瞬間にね。

勢いよく燃え上がる炎が彼を包み込んだのよ。

「…ぐっ…あ…っ!?」

炎に飲まれて逃げ惑う彼に、とどめの一撃を放つ。

「ファイアー・ボール!!!!」

私に使える最強の魔術よ。

中級の比較的簡単な魔術だけどね。

それでも燃え盛る炎の玉が彼を目指して突き進んだ。

そして…着弾したわ。

「くっそおおおおおおお……………!!!」

雄叫びをあげながらも彼は試合場に倒れ込んだのよ。

「試合終了!勝者、近藤悠理!」

勝った!

初めて自分の力で勝てた!

そんな気がしたわ。

ちゃんと新たな番号を獲得したのよ。

だけど…。

その直後に私は意識を失ってしまったわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ