挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月8日

348/4820

続きは明日へ

説明を聞き終えたあとで。

私達は最後の検定会場へとたどり着きました。

とうとうここが最後です。

昨日まで最初の検定会場にいた私が気が付けば最後の会場にいるんです。

まだまだ緊張もありますが、今もまだ申し訳ない気持ちがありました。

ここまで来ておきながら言えることではないのですが。

本当にここにいても良いんでしょうか?

無敗という記録を持っている私と総魔さん。

結果だけを見れば決して場違いとは思いませんが、
それでも私の実力は初心者並なんです。

複雑な心境で歩みを進める私の前を歩く総魔さんは堂々とした態度で歩いています。

私もこんなふうに自信を持って歩けたら、こんなふうに悩まなくて済むのでしょうか?

そんなことを考えながら歩き続けていると、不意に総魔さんが足を止めました。

「どうかしたんですか?」

不思議に思って前を覗き込んでみると、
いつの間にか受付に到着していたようです。

ですが。

何故か静かな会場。

私達の他に生徒は誰もいないようでした。

その様子を見て総魔さんが受付で尋ねています。

「まだ、試合が出来ないのか?」

総魔さんの質問を聞いて、
受付のお姉さんが申し訳なさそうに頭を下げまていました。

「すみません。まだ復旧作業が追いついていませんので…」

「いつ終わる予定だ?」

「なんとか今晩中には…。明日からは通常再開する予定です。ただ、あなたの参加が認められるかどうかは分かりませんが…」

お姉さんが言いよどんでいます。

総魔さんだけは参加出来ないというのはどういうことでしょうか?

「何かあったんですか?」

尋ねる私に、お姉さんは困ったような表情で答えてくれました。

「天城総魔さんが全力で戦うと、また会場が壊れかねませんので…」

ああ、なるほど。

私は見たことがありませんが、話は何度も聞いています。

総魔さんはこの会場で何度も試合場を破壊してるんですよね?

言いにくそうに答えるお姉さんを見ていると、
なんだかちょっぴり可哀相になってきました。

「天城総魔さんに関しては明日の再開と同時に決定が出ると思いますのでもう少し、お待ちいただけますか?」

「ああ、構わない」

お姉さんの言葉に頷く総魔さん。

私達は試合を諦めて会場を出ることになりました。

「残念でしたね?」

「ああ、そうだな。だが、出来ないものは仕方がない。今日はゆっくり休んで、明日に備えるしかない」

「はい。そうですね」

今日はもう試合がないんです。

そう思った瞬間に、一気に体の力が抜けました。

ふわぁ~…。

自分で思っていた以上に緊張していたようですね。

もう試合をしなくていいと思った途端に驚くくらい気持ちが楽になったんです。

ひとまず緊張から解放されたことで、
総魔さんに話し掛けることにしました。

「ご飯にしますか?」

笑顔を浮かべる私を見て、総魔さんは小さく頷いてくれます。

「ああ、そうだな」

「それじゃあ、行きましょう」

会場に背中を向けて歩き出した私と総魔さん。

今日の戦いは終わりです。

続きは明日へ…。

ですが。

私はどこまで勝ち上がれるのでしょうか?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ