挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月8日

340/4820

失言

《サイド:美袋翔子》

う~ん。

ちょっと疲れてきたわね~。

午前中から試合を繰り返し続けて、気がつけばもう午後3時になっていたわ。

ざっと6時間よ。

こんなに必死に戦い続けるなんて何ヶ月ぶりかしら?

一人で黙々と頑張るのなんて相当久しぶりだと思うわ。

でもまあ、そのおかげで試合回数だけは凄まじい記録になってるけどね。

ざっと数えても100は超えてるんじゃないかな?

午前中に6000台を乗り越えた私は、次の会場でも試合を続けたのよ。

すでに私の生徒番号は4123番まで上がってる。

もちろん全戦全勝の無敗よ。

初日の優奈ちゃんとの試合だけは例外だとしても。

まだまだ私が苦戦するような生徒なんていないから、
あと何回か試合をしたら次の会場に向かおうと思ってる。

だけど、その途中で…。

「あれ?翔子じゃない!」

背後から呼び掛けてくる人物がいたのよ。

聞こえてきたのは驚くような声だったけれど。

その声にはちゃんと聞き覚えがあるわ。

さすがにね。

そうそう何度も忘れたりしないわよ。

誰がいるのかなんて考えるまでもなく、さっさと振り返ってみる。

うん。

やっぱりそうよね。

視線の先には予想通りの女の子がいたわ。

友達というか、知り合いというか、天敵というか、表現が難しいところだけど。

鈴置美春すずおきみはるがいたのよ。

ただ、ね。

実を言うとね。

会えるんじゃないかな?って思って、
この会場に来た時からずっと捜してたのよ。

「美春じゃない。あなたも試合をしにきたの?」

「まあ、そんな感じだけど、どちらかと言えば様子見かしらね?翔子が会場に来てるって聞いたから見に来たのよ。でもね~。翔子がここにいるっていうことは、噂じゃなくて本当に降格してたのね」

ん~。

「信じてなかったの?」

「普通は信じないでしょ?こんな話」

美春は当然とばかりに頷いてた。

まあ、ね。

信じないと言って胸を張る美春の気持ちは分からなくもないわ。

だけど自慢するようなことでもないと思うのよね~。

「わざわざ私に会いに来てくれたの?」

「ええ、そうよ。まあ、どうしてそうなったのかはどうでもいいんだけどね。」

理由なんて気にせずに、美春は私の生徒番号を確認していたわ。

「4123…って、降格したばかりなのに、もうその番号なの!?」

驚きの声をあげる美春を見て、私は苦笑してしまったわ。

個人的には驚くような成績じゃないからよ。

「この程度なら楽勝よ」

「………。」

気楽に答えた私を見て、美春は気まずそうな表情を浮かべてた。

もしかして、怒ってるのかな?

「はぁ…。ったく、もう…。仮にもこの会場に所属する私に向かって、よくそんなことを堂々と言えるわね~」

え?

あ、あ~。

「ごめんごめん」

ちょっと失言だったわね。

笑ってごまかそうとしたけど。

「………。」

美春は冷たい視線で私を見つめながら激しくため息を吐いていたわ。

「まあいいけどね。それで?これからどうするつもりなの?とぉ~~~~~っても、お強い翔子様は次の会場に向かうのかしら?」

嫌みたっぷりな言い方よね?

これって完全に怒ってるわよね?

とりあえず謝っておこうかな?

「だから、ごめんってば…」

「はいはい」

冷たくあしらわれてしまったわ。

う~ん。

どうしよう?

放っておいても害はないんだけど。

仲の悪い生徒がいるっていうのはちょっぴり楽しくないわよね?

後々のことを考えると、ここは素直に謝っておいた方が無難だと思う。

「ごめん!美春!言いすぎたわ」

全力で頭を下げて謝ってみた。

それが良かったのかな?

美春の機嫌が元に戻ったような気がしたわ。

「もういいわよ。別に怒ってないし。まあ、知らない仲でもないしね」

微笑みを取り戻してくれた美春のおかげで、
ひとまず重苦しい雰囲気は消え去ったと思う。

「ごめんね。」

「いいわよ」

ちゃんと笑ってくれたわ。

もう怒ってないようね。

これでちょっと一安心、かな?

「そう言えば、美春って今は何番なの?」

今の成績を尋ねてみると。

「昨日の試合で4033番までは戻って来れたんだけど。そこから先がなかなか難しいのよね~」

美春はため息交じりに答えてくれたわ。

ふ~ん。

4033番ね。

今の私と比べると90番差になるわね。

肩を落とす美春だけど、
現状ではまだ私より格上なのよ。

だけど…。

よくよく考えてみると、
1週間程前に総魔に敗北したことで2000番落ちっていう不名誉な降格を受けていたのよね?

それを思えば、
この数日の間にここまで帰ってきただけでも美春にすれば相当な努力があったと思うわ。

「美春も苦労してるのね~」

「………。」

私の言葉を聞いた美春は、再び冷たい視線を私に向けてた。

もしかして今のも失言だったのかな?

美春をバカにするつもりなんてこれっぽちもないんだけど。

「翔子にしてみれば、些細な通過点でしょうけどね」

嫌みの効いた言葉が返ってきたわ。

う~ん。

やっぱりまだ怒ってるんじゃないかな~?

そんな疑問を感じるけれど。

解決する方法は見つからなさそうに思うのよね~。

こうなったら、これ以上こじれる前に次の会場を目指そうかな?

そんなふうに考えてみたけれど。

何故か美春は突然、楽しそうな笑顔を見せたのよ。

「な…なに…?」

美春の笑顔を見て後ずさってしまう。

そんな私と向き合う美春は妖しい微笑みを浮かべてる。

「ねえ。せっかくだから私と試合をしてみない?」

「はぁっ!?」

驚く私を気にもせず。

美春は楽しそうに言葉を続けてく。

「なかなかあることじゃないし。翔子がどの程度まで実力を付けたのか知る良い機会だと思うのよね~」

私の実力を知る?

何の為に?

「今の翔子って本来の力を失ってるわけでしょ?」

まあ、ね。

「ええ。そうよ」

「だったら今は結構強い生徒…ぐらいなわけよね?」

「う~ん。そうなるのかな?」

曖昧に答えてみる。

自分でもよくわからないのよね~。

それでも美春は満足したみたいで話を続けてく。

「だから今ならそれなりに勝負になると思わない?」

は?

思うわけないじゃない。

美春の質問を心の中で全力で否定したわ。

全く勝負にならないからよ。

仮にも私は上位100人に入れるだけの実力があるのよ?

能力を封じてもその程度の実力はあるの。

だけど美春は4000を切ることさえ出来ずにいるのよ?

この差は歴然よね?

どう考えても私の勝利は確実だし。

わざわざ美春と戦う必要なんてないわ。

「多分、私が勝つと思うわよ?」

控え目に発言してみると。

「意外とね。予想外なことだって起きるかも知れないじゃない」

美春は笑顔のままで私の発言を聞き流してた。

う~ん。

ないと思うけどね~。

悩む私を見ても、美春は微笑みを絶やすことなく言葉を続けてく。

「それにね。翔子は私に一敗してるわけだし、それを取り返してみたら?」

一敗?

あ~。

確かに

そういえばそんなこともあったわね。

でもね~。

何でそんなに私と試合がしたいのかな?

色々と疑問を感じる私に、美春は説得を続けてくる。

「まあ、負けても降格する番号はたいしたことないし。とりあえずは興味本位ってところかしら?」

う~ん。

それってどうなの?

いまいち理解できないけれど。

私にしても美春に勝てば番号が上がるわけだから文句はないわ。

だけど、ね?

美春のこの自信は一体何処からくるの?

ひたすら疑問を感じるけれど。

本人がやる気になってるから美春の挑戦を受けることにしてみたわ。

まあ、あとで面倒なことにならなければいいんだけどね…。

心の中でため息を吐いてみる。

とりあえず受付に行かないとね。

そう思って歩き出す私の隣を、美春も機嫌良く歩きだしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ