挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月8日

330/4820

観察

《サイド:近藤悠理》

ふう…。

私は今、16000番から17999番までの生徒が集まる第10検定試験会場にいるわ。

会場が開かれるのと同時に試合場の見学に向かうところよ。

現在の私の番号は18070番。

基本的に私よりも下の番号の生徒は一人もいないから、
普通に考えれば挑戦される可能性はないと思う。

まあ、私のように下の会場から挑戦に来た生徒が少しくらいはいるかもしれないけれど。

そこはあまり気にしないことにしてる。

ここへ来るくらいの生徒が相手なら、
例え負けても大きく降格することはないと思うし。

降格しても特に困ることはないからよ。

最終的に1勝できればそれでいいの。

上位に食い込んで、次の検定試験会場を目指せればそれでいいの。

そう思うから私は何の心配もせずに会場内へと足を踏み込んでいったわ。

でもね。

今はまだ、試合をするつもりはないわ。

無理して戦っても、負けてしまったら意味がないからよ。

確実に勝って次の会場を目指せる確信が持てるまで、試合を控えるべきだって思ってる。

だから確実に勝てる相手を探し出すこと。

その一点に狙いを定めて他の生徒の試合を観戦しているところなのよ。

そのために私は今日も『観察』を続けることにしたわ。

少しでも対戦相手の情報を得る為に。

少しでも勝率を上げることが出来るように。

あらゆる試合に視線を向けて観察しているの。

大丈夫。

きっと勝てる。

たった一回勝ち抜ければ良いだけなんだから。

それだけで次の検定試験会場に進めるの。

だから待っててね、優奈。

…必ず…

必ず追い付くからね!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ