挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

323/4820

運が良い

《サイド:米倉美由紀》

さてさて。

これからどうなるのかしら?

上手く話がまとまればいいけれど…。

まずは話を持ちかけるのが優先ね。

とりあえず相談相手を見つけないことにはどうしようもないんだけどね。

ただ。

自分で言うのも何だけど、私は結構『運』が良い方だと思ってるわ。

大抵のことは上手くいくし。

器用で優秀だと自分では思ってる。

だから会いたいと思った人に出会える確率が結構高いのよ。

こうなるともう、運というより直感かもしれないけれど。

適当に散策しているだけで、見つかることが結構あるの。

で、まあ、そんな感じでね。

今は、とある人物を探しているところなのよ。

普段どこにいるのか?とか。

何が趣味でどういうことに興味があるのか?なんて。

一切不明な生徒だけどね。

当てもないし情報さえもないのに、
それでも私は目的の人物を探し出すことに成功したわ。

つくづく私は運が良いと思う瞬間よね。

午後8時過ぎ。

私は『天城総魔』と接触することに成功したのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ