挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

321/4820

余裕の表情を

そうしてたどり着いたのは試合場Aー1。

入口からもっとも遠い場所にある試合場で私は対戦相手を待ってる。

閉鎖間際の会場だから、残ってる生徒はほとんどいないわね。

今ならちょっと見回しただけで確認できるくらい生徒の人数は少ないわ。

そんな状況で、一人の男子生徒が試合場に歩み寄ってくる。

もちろん桑原良輔よ。

私の選んだ対戦相手で、この会場を乗り越える為に必要な犠牲者。

彼を倒せなければ、次の会場を目指す資格はないわ。

逆に言えば彼に勝てれば次への道が見えて来るのよ。

そういう試合なの。

あと数分で8時を迎える会場で、彼はゆっくりと試合場に歩み寄ってきたわ。

「きみが対戦相手なのか?」

不思議そうに私に視線を向けてる。

「きみの番号で僕に挑むのは無謀だと思うけど?」

私を格下だと判断してる発言よね?

実際にそうだから怒るつもりはないけどね。

「格上の生徒がどれくらい強いのか知りたくなっただけよ」

若干の皮肉を込めて言葉を返してみると、
桑原はため息混じりに言葉を続けたわ。

「怪我をしないうちに降参することを薦めるよ」

桑原の言葉が優しさなんかじゃないことはすぐに分かるわ。

雑魚に用はないって言っているように感じるからよ。

だけどね?

雑魚にも雑魚の意地があるの。

完全に私の実力をなめきっている桑原に全力で立ち向かうわ。

そして勝ってみせる。

私の目的は遥か先にあるんだから!

こんなところで負けるつもりはないのっ!!

会話を打ち切って、試合の開始を待つ。

その間に、私をあざ笑うかのように歩みを進める桑原。

その余裕の表情を絶望に変えて見せるわ!

密かに拳を握り締める。

そして向き合う。

私にとって、今日最後の試合が始まるのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ