挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

313/4820

今の番号は

《サイド:御堂龍馬》

とりあえず今は行くしかないね。

一人になった僕は武藤君に歩み寄ることにしてみた。

彼の試合はまあ、予想通りの敗北だ。

惨敗と言ってもいいほど圧倒的な敗北だっただろうね。

試合場に倒れ込む彼の姿は哀れにさえ思うよ。

だけどそれでも、武藤君は決して諦めた様子を見せないんだ。

今は負けても次は必ず勝つと言いたげな表情をしてる。

どれだけ負けても決して挫折しない武藤君の想い。

その心だけは認めてあげたいと思うかな。

「やあ、調子はどうだい?」

話しかける僕に気づいて、武藤君は笑顔で立ち上がった。

「師匠!!」

ふらつく足取りだけど、
決して弱音を吐かない武藤君の心の強さは見習いたいと思うよ。

「帰ってきてくれたんですね!!!」

全力で喜びを表現してくれる武藤君だけど、
さすがにその呼び方はどうかと思うんだよね。

「えーっと、その…。師匠は止めてくれないかな?」

頼んでみたけれど、彼は全力で首を左右に振ってしまう。

「いえ!師匠は師匠だから、師匠なんです!!」

よく分からないけれど、呼び方を変えてくれるつもりはないようだ。

これはもう仕方がいないのかな?

あまり人の意見を聞き入れる子じゃないからね。

真面目な子だから礼儀正しくはあるけれど。

その反面として一度決めたことには全力なんだ。

それが長所であって短所でもあるんだけどね。

「ずっと、一人で頑張ってたのかい?」

尋ねてみた僕に、彼は全力で頷いてくれた。

「もちろんです!1秒でも早く悠理に追いつく為には休んでる暇なんてありません!!」

力強く宣言する彼の意気込みは素晴らしいと思うけれど。

その理由は止めてあげてほしい気がするかな。

まあ、他人の恋愛に口を出すつもりはないけどね。

だけど…。

多少、悠理が可哀相な気はするよ。

でもまあ。

今はそのことは関係ない。

僕は彼に協力することを約束したんだから、
彼が強くなれるよう手を差し延べればいいだけなんだ。

そう判断して、改めて尋ねてみることにした。

「それで、あれから番号に変化は?」

尋ねてみると彼は言いにくそうに俯いてしまった。

「その…。せっかく勝ったのに、挑戦されて番号を奪われてしまいました」

挑戦?

それが誰かは知らないけれど、何があったかはすぐに理解できた。

ようやく上げた1勝だけど、彼は誰かに試合を挑まれて敗北したということだ。

ほぼ最下位の彼に戦いを挑む生徒はそう多くはない。

おそらく3、4人程度だ。

僕や翔子、そして彼が持っていた最下位の番号は既に他の生徒に移動してる。

先程天城総魔に倒されて暫定最下位の生徒は治療中だと思うけれど。

それ以外の誰かに武藤君は敗れたということだろうね。

「今の番号は?」

「21397です」

彼は申し訳なさそうな表情のままで答えてくれた。

だけど。

21397番?

その番号には身に覚えがあった。

僕に与えられた最初の番号だからだ。

そして僕が最初に倒した生徒に移った番号でもある。

おそらく武藤君はその生徒に敗北して番号を奪われたということだ。

そしてそれは同時に最下位の一歩手前ということになる。

武藤君の下にいるのは、
天城総魔に敗北して火傷の治療をしているはずの横山瑛太だけだからね。

その横山瑛太にさえ敗北必至の武藤君をこのまま放っておけば再び最下位という名の不動の地位を手にするのは目に見えている。

そうなる前に何とかしないといけないね。

彼を鍛え直すことが可能かどうか?

正直に言ってかなり疑問は感じるものの。

このまま見捨てるというのも気が引けるから。

出来る限りのことはしてみようと思う。

「とりあえず行こうか?」

「はい!まだまだ頑張りますっ!!!」

武藤君は笑顔で頷いてくれた。

全力で歩き出す彼を見ていると、不思議と僕もやる気が出てくるんだ。

学園最弱の彼をどこまで強く出来るのか?

僕自身も興味が沸いてくる。

「次は勝てるといいね」

「はいっ!」

まずは行動すること。

そのために僕は武藤君と共に受付に向かって歩きだした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ