挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

307/4820

驚異に感じない

《サイド:美袋翔子》

うわぁ~。

これはさすがにまずいかも?

魔力が上昇してることを考慮しても、
優奈ちゃんの成長は予想以上だと思うからよ。

試合を観戦していて思ったの。

実力そのものは総魔には遠く及ばないけどね。

だけど無条件に発動する特性としての吸収は、
思っていた以上にやっかいな能力だったからよ。

普通に考えれば、検定試合では無敵って言えるんじゃないかしら?

魔術での攻撃だけが許される試合において、肝心の魔術が通用しないのよ?

物理無効の結界内で魔術まで封じられるなんて反則もいいところだわ。

誰がどう頑張ったって勝てるわけがないじゃない。

でもまあ、逆に言えば試合以外での優奈ちゃんは驚異でもなんでもないんだけどね。

総魔にしても、優奈ちゃんにしても。

『吸収』の能力を持っていても、物理的な力までは対処出来ないからよ。

総魔なら物理攻撃も魔術で対応出来るかもしれないけどね。

だけど優奈ちゃんは無防備に攻撃を受けて倒れると思うわ。

その違い。

そこが優奈ちゃんを驚異に感じない部分なのよ。

まあ、試合中に関して言えば今の私だと手も足も出ないことは認めるけどね。

だけどそれは今の話よ。

指輪のせいで本来の力が封印されてしまっているから勝てないだけで、
指輪をとればいつでも勝てる自信があるわ。

その理由はただ一つ。

ルーンよ。

ルーン自体も吸収の対象なのは理解してるけどね。

それでもルーンの持つ物理的な攻撃力は
確実に優奈ちゃんに一撃を入れることが出来るはずよ。

それも今後の優奈ちゃんの成長次第ではどうなるか分からないけどね。

だけどそれは私も同じことなのよ。

吸収を突き破る力か、
あるいは吸収を越える力だって手に出来る可能性はあるはず。

私にも潜在能力があるはずだし。

それが何かは分からないけどね。

それでも新たな能力で…あるいは新たなルーンが吸収を越えると信じたいかな。

自信を持って言えることじゃないけれど。

それでも私は私を信じたいと思うのよ。

頑張ればいつかは必ず出来るはず。

そう信じているのよ!

なんてね。

そんなことを考えている間に私達の側に戻ってくる優奈ちゃん。

今は私の方が下かもしれないけれど…。

だけどいつか必ず乗り越えて見せるわっ!!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ