挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

299/4820

昼食後

《サイド:常盤沙織》

さて、と。

「遠慮なく座ってね」

短い昼食を終えたあとで、
私達は今後の為に一度話し合おうという意見になりました。

色々と気になることがありますからね。

みんな揃って集まることにしたんです。

今いる場所は屋上の休憩室になります。

前回と同じ一画に集まって話し合うことになったのですが。

今回も彼の話が中心となりそうですね。

ただその前に。

翔子と私と龍馬と新たに加わった深海優奈さんと近藤悠理さん。

それぞれの自己紹介も含めて、
ゆっくり話をしようということになりました。

そして今回も話を仕切る為に率先して翔子が動きます。

「それじゃあ、とりあえず話を始める前に、簡単に自己紹介をしておいたほうがいいわね」

まずは翔子から自己紹介を始めました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ