挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

293/4820

理論の組み直し

どさっ…と、所長さんが倒れた瞬間に。

実験場を包み込んでいた結界が解除されて、
西園寺さん達が所長さんに駆け寄りました。

「所長!?しっかりしてください!」

所長さんの体を抱き起こす西園寺さんと藤沢さんですが。

所長さんは指一つ動かすこともできずに完全に意識を失っているようでした。

「誰か、医療部門に…っ!」

西園寺さんが職員の方に救援の指示を出そうとしたのですが。

「待て」

指示を遮った総魔さんが所長さんに手を伸ばしました。

「問題ない」

声をかけた直後に、全員の視線が総魔さんの右手へと集まりました。

その次の瞬間に小さな光が輝いて…。

「…うっ…!?」

所長さんが意識を取り戻したんです。

「…何、が…?」

ゆっくりと体を起こす所長さんはまだ意識がはっきりとしていないようで、
周囲を見渡しながら今の状況を把握しようとしていました。

「俺は、確か…」

力尽きて倒れたところまでは思い出したようです。

記憶を取り戻したことで、ゆっくりと総魔さんに視線を向けていました。

「きみが助けてくれたのか?」

「ああ。魔力の供給の理論も組み直すことが出来るようになったからな」

魔力の供給?

また私の知らない話が出てきました。

色々と聞きたいことが増えすぎて
何から聞けばいいのかさえわからなくなってしまう状況ですが。

立ち上がった総魔さんは座り込んでいる所長さんから視線を逸らして、
私の側へと歩み寄ってくれました。

「怪我はないか?」

穏やかで、とても優しい言葉です。

単なる問いかけというよりも、温かな気持ちが感じられました。

だから私は慌てて首を縦に振りました。

「は、はい。大丈夫です」

「そうか、ならいい」

私の確認をしてから背中を向けた総魔さんは、
今度は西園寺さん達に話し掛けました。

「記録はどうなっている?」

「え?あ、あ~。え、ええ、ちゃんと残っているわ」

「見れるか?」

「ちょっと、待って」

駆け足で観測所へと戻っていった西園寺さんは、
ごちゃごちゃと資料をかき集めてからまた駆け足で戻ってきました。

「今の実験に関しては整理が出来ていないから、数が多いけど…」

「構わない。全て見させてもらう」

書類を差し出してくれた西園寺さんから資料を受けとってから、
総魔さんは所長さんに話し掛けました。

「動けるか?」

「ああ、きみのおかげで特に問題はない」

立ち上がった所長さんはしっかりとした足取りで総魔さんに歩み寄りました。

「結果から言えば実験は成功だと言えるだろう。あとは、記録の検証だが、きみも参加してくれるのか?」

総魔さんが持っている実験記録に視線を向ける所長さんに対して、
総魔さんは小さく頷いてから、
西園寺さんから受けとった記録を所長さんへと差し出しました。

「じっくり検証させてもらうつもりだ」

「ふむ。ならばひとまずこれで実験は終了だな。それでいいか?」

「ああ、問題ない」

「うむ。では俺の部屋に戻ることにしよう」

実験を終えたことで、
所長さんが職員の皆さんに解散の指示を出しました。

「実験終了だ!撤収の準備を開始しろ!」

指示を受けてすぐに後片付けを始める職員の皆さん達。

そんな状況の中で。

所長さんを先頭にして、私と総魔さんと西園寺さんともう一人。

藤沢と呼ばれていた女性の方も一緒に所長室へと向かうことになりました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ