挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

291/4820

魔術の変換

《サイド:深海優奈》

あうぅ~。

これからどうなるのでしょうか?

新しく配置が変更された実験場。

先程までとは違って、
普段試合場で見るような強固な結界が実験場を包み込んでいます。

そして現在、結界の内部にいるのは3人だけです。

私と総魔さん。

それと所長の黒柳さんです。

これから行う実験は私ではなくて総魔さんが行いますので、
本来なら私はいないほうがいいと思うのですが。

総魔さんから今後の勉強の為にと言われたことで私も実験場に残りました。

ですが。

それでも危険だからという理由で少し離れた場所で待機しています。

その結果として。

今は試合場と同様に総魔さんと所長さんの二人が向かい合いながら距離をとって立っている状況です。

この状況で実験を行うようですね。

これから始まる実験は『魔術の変換』だと所長さんは言っていました。

具体的な内容までは理解出来なかったのですが。

一通りの実験の内容は把握しています。

実験の目的は一つだけだからです。

所長さんの放つ魔術を総魔さんが受けて、
受けた魔術を全く別の魔術に変えることが出来るかどうか?という実験です。

本当に総魔さんに『操作』の能力があれば、
所長さんの魔術は総魔さんの力によって別の魔術に『変えられる』はずです。

失敗すれば魔術の直撃を受けてしまって大変なことになってしまうのですが。

今は実験の成功を信じて二人の姿を眺めています。

「よし。そろそろ準備も出来る頃だろう。天城君はどうだ?」

「問題ない」

たった一言だけ答えた総魔さん。

それだけで所長さんは満足なようです。

そして西園寺さんへと振り返った所長さんは、
短い確認を終えてから総魔さんに視線を戻しました。

「さて、それでは始めようか…」

真剣な表情を浮かべています。

「この実験において手加減は必要ない。俺もそうだが、きみも全力を出し切るつもりで望んでもらいたい」

手加減はしないと告げる所長さんに。

「ああ、分かっている。もちろんそのつもりだ」

総魔さんはしっかりと頷きました。

総魔さんと所長さん。

お互いに向き合う二人。

…今…。

新たな実験が始まろうとしていました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ