挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

289/4820

お願いだから

《サイド:近藤悠理》

あ~~~~~も~~~~~っ!!!!!

本っ当に最悪っ!!

何でまた現れるのよっ!?

毎日毎日、毎日毎日っ!!!!

本当にもういや~~~~~~~~っ!!

誰でも良いから…

誰でも良いから…!

誰でも良いから…!!

誰か…!

誰かこの馬鹿をどこか遠くに連れて行って!!!

そんなふうに心の中で全力で叫びながら馬鹿から逃げるように美袋先輩の背後に移動してみる。

そして。

もう消えてよ~~っ!!

ただそれだけを全力で願ってみる。

だけど…。

美袋先輩はそこはかとなく、迷惑そうな視線を私に向けてた。

完全に巻き込まれてる立場だから。

面倒に思われるのは仕方がないと思うけど。

…でもね。

今は美袋先輩の視線を気にしていられるほど、余裕のある状況じゃないの。

少しでもあの馬鹿から離れたいのよ!

その一心だけで私の心は埋め尽くされてるから、美袋先輩の冷たい視線も全然痛くないわ。

あの馬鹿と関わるくらいなら、美袋先輩に怒られたほうがまだマシだからよ。

なのに…。

御堂先輩はあの馬鹿に気を使ったのか、
無理矢理追い返そうとはせずに話し合おうとしてるみたい。

なんでなの?

私はもう声すら聞きたくないのに!!

ただただそう思うけれど。

御堂先輩に文句なんて言えないし。

言える立場じゃないのも分かってる。

だから嫌でもあの馬鹿の声が聞こえて来てしまうのよ。

はぁぁぁぁ…。

お願いだから。

どうかちょっとだけでもいいから。

私が徹底的に嫌ってることを理解して下さい!

お願いしますっ!!!!!

なんて。

心の奥底から全力で願いつつ。

御堂先輩があの馬鹿を追い払ってくれるのを期待してみる。

早く消えて~~~~~。

美袋先輩の背後からちらりと視線を向けて見れば、
何とか説得しようとする先輩の努力が見えたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ