挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

281/4820

心の底から

《サイド:近藤悠理》

はあ…。

これで何度目のため息かすら分からないわね。

試合場で馬鹿と向かい合う私。

今日で一週間連続なのよ?

さすがに飽き飽きしてきたわ。

「いい加減、諦めたら?」

「いや!今日こそ勝つ!!」

う~ん。

気合い十分の馬鹿だけど、私にそんな元気はないわ。

いちいち気にしてたらキリがないからよ。

「寝言は寝てから言いなさい。」

この台詞も何度目なのかな?

何だかもう、考えるのも面倒になってきたわ。

「準備は良いですか?」

尋ねる審判に無言で頷いてみる。

「やるぜ!!」

やる気満々の馬鹿の態度は変わらない。

どこからあの元気はくるの?

そんな疑問だけが浮かぶわね。

「それでは、試合始めっ!!」

「行くぜぇー!!」

試合開始と共に馬鹿が魔術の詠唱を開始してる。

まあ、悪くはないんじゃないかな?

決して早くはないけれど。

優奈に比べれば断然早いからよ。

でもね?

そこは認めるけれど。

あくまでも優奈と比べてであって、
いくら落ちこぼれの私でも馬鹿に負けるつもりはないわ。

「さっさと寝なさい。ファイアー・ボールっ!!」

詠唱が終わると同時に私の両手に炎の球が現れる。

そして炎の球を馬鹿に向かって解き放つ。

ただそれだけ。

燃え上がる真っ赤な炎の球が馬鹿の足元に着弾した次の瞬間に。

立ち上る猛火が馬鹿の体を飲み込んだわ。

「うあああああっ!?」

体をまるごと包み込む炎の柱の中で、馬鹿が全力で叫んでる。

「くっそおおおおおおおおーーーーーーーーーーっ!!!!!!」

検定会場全域に響き渡るほどの叫び声。

その叫び声に驚いた周囲の生徒達の視線を集めながら、
馬鹿は一歩も動けないまま雄叫びだけを残してあっさりと力尽きたわ。

試合時間は僅か13秒。

呆気ないほどあっさりと、馬鹿が7度目の敗北を重ねたのよ。

「試合終了!!」

審判の合図と共に試合場を離れることにしたわ。

「くっ…次こそ、は…」

はいつくばりながら呟く馬鹿の言葉は無視しておくのが一番よね。

気にしてたら余計に調子に乗るだけだからよ。

救急班の的確な治療を受けながら
会場から運び出されていく様子を眺めつつ。

もう一度ため息を吐いてみる。

お願いだから二度と来ないで…。

そんな切実な願いが叶うことを心の底から祈りながら。

先輩達の傍へ戻ることにしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ