挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

278/4820

私の一週間

《サイド:近藤悠理》

はぁ~。

何だかややこしいことになった気がするわ。

優奈とはぐれちゃったから御堂先輩と一緒に検定会場に戻ってきたのはいいんだけど…。

そこまではいいんだけど、ね。

一緒にいる美袋先輩が何故か尋常じゃないくらいに怖いのよ。

見た感じだと怒っているようには見えないのによ?

それなのにとてつもない威圧感を感じてしまうの。

なんでかな?

さっきまではそんなことなかったのに。

天城総魔と優奈がいなくなってから物凄く雰囲気が変わった気がするのよね~。

う~ん。

もしかして、置いて行かれたから怒ってるのかな?

実際にどうかは知らないけど。

必要ないなんて言われたら誰だって機嫌が悪くなるとは思うわ。

私だって言われたくないしね。

だから怒るのは当然だと思うんだけど。

そもそも天城総魔と先輩達の関係がよく分からないのよね~。

だけどまあ。

いちいち話を聞くつもりはないわ。

とりあえずはあの天城総魔に負けたことで、
今はライバル関係なんだって思うことにしておこうかな?

そんな感じでいいんじゃない?

だって興味ないし。

最上位の人達の力関係なんて正直どうでもいいことだしね。

私は先輩達のようにはなれないわ。

私は近藤家の落ちこぼれだからよ。

実力のある人達の会話には入れないの。

学園長を務めているおじいちゃんを筆頭にして、
両親も兄弟もみんな優秀な魔術師だと思う。

でも、ね?

私は違うの。

魔術師としての才能はあったけど、
その才能は決して褒められる実力じゃなかったからよ。

魔力、成績、共に最低ランク。

入学試験でも下から数えた方が断然早いってくらいの落ちこぼれ。

同じように下位の成績の優奈と仲良くなるのに時間はかからなかったわ。

入学式でたまたま私の前に座っていたのが優奈なのよ。

当然、優奈の斜め後ろには天城総魔がいたわけだけど。

大事なのはそこじゃないわ。

私は優奈と知り合って友達になったっていうことよ。

それから私は何度も試合を繰り返して少しずつ順位を上げていったわ。

もちろん勝った回数よりも負けた回数の方が圧倒的に多いけどね。

それでも諦めないで試合を繰り返し続けたの。

そして気が付けば、優奈から100番ほど下にいた私が優奈よりも10番ほど上回ったのよ。

それが私の一週間。

たったそれだけの変化だけど。

それでも私にとっては精一杯の結果だったのよ。

…でもね。

そんな私でも天城総魔の噂くらいは知ってるわ。

次々と検定会場を乗り越えて、僅か数日で頂点に上り詰めた男だからよ。

その実力は疑いようがないわよね。

当然、最強の座にいた御堂先輩や美袋先輩の実力も私には遠く及ばないほどの高みだと思うわ。

だからどうして今こうして一緒にいるのかが理解出来ないくらいに不自然な状況だと思うのよ。

「あ、あの…」

御堂先輩に呼び掛けてみる。

振り返る先輩は優しい微笑みを浮かべてくれてた。

「ん?どうかしたかい?」

優しい言葉だと思う。

実力だけじゃなくて、容姿も他の男と比べれば断トツに飛び抜けてるしね。

これで性格も完璧となると完全にもう王子様って感じよね。

今まで噂には聞いてたけど。

確かに憧れの的になるのは必然といえるかもしれないわ。

それくらい学園中の女子から絶大な人気を誇る御堂先輩と肩を並べて歩いてるのよ?

それだけで周りの女子から注目の的になってしまうわね。

う~ん…。

これってどうなのかな?

良いのかな?
悪いのかな?

誇らしい優越感は感じるけど。

視線のうっとうしさが交わって複雑な気持ちになるかも…。

でもまあ、美袋先輩がいるから嫉妬を買うようなことはないと思うけど。

だけどあとがちょっと怖いかな。

変な嫌がらせを受けたりしないよね?

そんなことを考えながらも、
ひとまず御堂先輩に話し掛けてみる。

「先輩はどうしてここにいるんですか?」

「うーん。それはまあ、簡単には説明出来ないけど、 僕には必要なことだと思ったから、かな」

「必要なことですか?」

「ああ。どんなことでも経験になりえるからね。そういう積み重ねが成長に繋がると思っているんだ」

成長ね~。

その言葉が私の心に突き刺さる。

私はどうなんだろう?

今よりも成長出来るのかな?

近藤家の落ちこぼれ。

その言葉が頭をよぎってしまう瞬間だったわ。

だから、かな…?

「先輩はいいですね。それだけの力があるんですから…」

何故か分からないけれど、そんな言葉を口にしてしまったのよ。

その瞬間にね。

「………。」

先輩は少しだけ真剣な表情に変わったような気がしたわ。

もしかして怒らせたのかな?

不安を感じてしまった私に…。

「どんな力があっても、負けることはあるんだよ」

先輩は教えてくれたの。

「勝つ自信はあったんだ。だけど、勝てなかった」

う~ん。

これって天城総魔に負けたっていう話よね?

先輩のような完璧な人でも負けることがある。

それを認める発言だったと思う。

「だからね。僕は思うんだ」

先輩の表情は真剣そのものだけど。

先輩の目は優しさに満ちてた。

「諦めさえしなければ、前に進む勇気さえ持ち続けていれば、いつか辿り着けるかもしれないってね。彼に勝つというそして僕自身の目的に、ね。」

「目的、ですか?」

「些細なことだよ。だけど僕にとっては大切なことなんだ。悠理。きみは何の為に力を求めるんだい?」

力を求める理由?

「私は…」

なんだろう?

私は何がしたいのかな?

自分でも良く分からない。

考えようともしなかったから、何を目指せばいいのかもわからなかったわ。

「どうなのかな…」

「もしも目的があるならその為に努力をすれば良い。だけどね。もしもまだ何もないのなら、これから探せばいいと思うんだ。いつの日か夢は叶う。そう信じることが強くなるための第一歩だと僕は思っているからね」

強くなるために。

信じる事が大切だって先輩は言ったわ。

だけど。

私は何を信じれば良いのかな?

夢なんて考えたこともないし。

目的なんて何もないのよ。

だから、なの?

だから私は落ちこぼれなのかな?

分からない。

だけど少しだけ勇気をもらえたような気はするかな。

先輩の言葉のおかげで、私も前に進めるような気がしたからよ。

「先輩!」

笑顔を見せる私を先輩は不思議そうに見つめてる。

だけどね。

先輩が教えてくれたから。

私はもう一度、頑張ってみようと思えたの。

だから…。

「ごめんなさい。勝手なことばかり言ってごめんなさい。だけど私も頑張って見ます!どこまで出来るかわからないけど、自分を褒められるように頑張ってみます!」

「ああ、良いんじゃないかな」

頑張るって言った私を、先輩は応援してくれたのよ。

その笑顔が私の心に焼き付いてしまう瞬間だったわ。

…うん。

これはやばいかも。

先輩のことを好きになってしまいそうだったわ。

でもね?

先輩と付き合いたいとかそんな贅沢は思わないわ。

釣り合わないって分かってる。

私は私の価値を理解してるからよ。

今は先輩の笑顔が見られれば、それで十分だって思うの。

だからこその『憧れ』なのよ。

他の女子が思うように、私もそれだけで幸せかな?って思うのよ。

間違いなく、先輩と私では釣り合わないわ。

ちゃんと自分自身を自覚してるから。

自分で自分を笑いたくなるくらいにね。

私は私を低く評価してるの。

そして。

そんなふうに考えながら受付にたどり着いた私達が試合の手続きを始めようとしたその時に…

面倒な事態が起きたのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ