挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

269/4820

初勝利

《サイド:深海優奈》

「勝者、深海優奈!!」

審判員さんの合図によって試合が終わりました。

ですが。

まさか私が試合に勝てるなんて思ってもいませんでした。

だから試合が終わった今でも信じられません。

自分でもどうしてあれほどの魔術が使えたのかが分からないからです。

ただ何となく出来るような気がして、気が付けば詠唱が終わっていたんです。

…そして…。

対戦相手だった美袋さんが倒れていました。

何も覚えていないというわけではないのですが、
自分でも何をしたのかが分かりませんでした。

「やったじゃん、優奈!凄いよ!!」

駆け寄ってきてくれた悠理ちゃんが、
戸惑う私にすごく嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

「初勝利、おめでとう!!」

「う、うん。ありがとう。悠理ちゃん」

喜んでくれる悠理ちゃんにお礼を言ってから、
倒れている美袋さんに視線を向けてみます。

試合場に倒れた美袋さんに救急班の人達が駆けつけて助けようとしているのですが、
その救助活動を一人の男子が制止しています。

そして救急班の方々を遠ざけてから、
倒れた美袋さんの体を優しく抱き抱えていました。

「問題ない。翔子の治療は俺が行う」

救急班の人達に背を向けたあとで、
美袋さんを抱き抱えたまま私達の方へと近付いてきます。

えっと…。

その…。

怒られるんでしょうか?

そんなふうに思ってしまいました。

ですが…。

「よく頑張ったな」

褒めてもらえたんです。

私に声をかけてくれた男性の表情からは優しさが感じられました。

何となくですが、楽しそうに見えたんです。

だから、怒ってはいないと思います。

むしろ、こんな私を褒めてくれたんです。

不満の言葉なんて何も言わずに、
彼は私を褒めてから私達に背中を向けて歩きだしました。

その後ろ姿を見た瞬間に…。

「あ、あのっ!」

何故か呼び止めてしまいました。

ですが自分でもどうして呼び止めたのか分かりません。

だけどそうしなければいけない気がして、
気が付けば彼を呼び止めていたんです。

「あ…あの…っ。その…っ」

何かを言おうと思うんです。

それなのに。

何を言えば良いのか分からなくて俯いてしまいました。

「優奈?」

心配そうに私の顔を覗き込む悠理ちゃんですが、
私は彼に視線を向けるだけで精一杯でした。

「そ、その…」

「何か言いたいことがあるのなら…」

上手く話しかけられない私に彼が話し掛けようとしてくれたのですが、
その途中で別の男性が彼に駆け寄ってきました。

「翔子!?」

急いで駆け寄って来る男子に私達が視線を向けると。

「一体、何があったんだ!?」

近づいてきた男子が彼に話しかけました。

そして戸惑う男子に。

「翔子が負けた。ただ、それだけのことだ」

彼は落ち着いた表情で答えています。

「だからそれが納得出来ないんだ!?こう言っては悪いけど、こんなところで負けるはずがない!」

あう…。

そ、そうですよね…。

私なんかが勝てるはずがないですよね…。

私としても勝てるとは思っていませんでした。

なので。

何を言われても仕方がないと思っていたのですが…。

「あぁぁ~っ!!」

納得できないと言いきった男子を見ていた悠理ちゃんが突然声をあげました。

「どこかで見たことがあると思ったら!」

「どうしたの?悠理ちゃん」

何を驚いているのでしょうか?

「知り合いなの?」

「違うわよ!そうじゃなくて。あ~ったくもう~。優奈は本当に何も知らないの?あの人、あとから来たあの人が学園最強の御堂龍馬先輩よ」

…えっ!?

「えぇぇぇぇぇ~~~?」

驚いてしまいました。

それほど凄い人がここにいるなんて思っていなかったからです。

だから本当に驚いてしまったのですが。

そんな私達の会話が聞こえたのでしょうか?

御堂さんは私達に視線を向けて話し掛けてきました。

「正確にはそうだった、と言うべきかな?今の僕は君達よりも番号が下の一生徒だよ」

今は違うと言ってから心配そうな表情で美袋さんに視線を向ける御堂さん。

その言葉を聞いていた悠理ちゃんが再び声をあげました。

「まさか!?じゃあ、この人が!?」

学園の噂に詳しい悠理ちゃんが、次に彼を指差します。

「ってことは、御堂先輩に勝ったっていう。あの『天城総魔』なのぉ!?」

驚く悠理ちゃんの声に驚いた周囲の生徒さん達も彼へと視線を向けています。

悠理ちゃんの発言によって、かなりの注目を浴びることになってしまいました。

あううう~。

少し恥ずかしい気がします。

でも今はそんなことを気にしていられません。

目の前の状況を考えないといけないんです。

噂話には疎い私ですが、
それでも悠理ちゃんが言った噂くらいは知っています。

一昨日の夜に1位の座が入れ代わったこと。

その勝者が『天城総魔』という名前の人であることを聞いたことがあるんです。

もちろん情報源は悠理ちゃんですけど。

悠理ちゃんの推測が正しいとすると、
美袋さんを抱きかかえている彼が天城総魔さんということになります。

突然現れた有名人に騒然となる会場。

気まずそうに周囲を見回す御堂さんが、総魔さんの手を引いて歩きだしました。

「ひとまず会場を出よう」

「ああ、そうだな」

歩きだす御堂さんを追って、
美袋さんを抱き上げたままの総魔さんも歩きだしました。

「あっ…!」

置いていかれそうになったことで、一歩踏み出してしまいました。

ですが、追いかけていいのかどうかさえわかりません。

どうしよう?

少し思い悩んでしまったのですが。

そんな私を見ていた悠理ちゃんが、突然私の手を引いて走り出しました。

「話したいことがあるんでしょ?だったら迷ってる場合じゃないわ!」

微笑んでくれた悠理ちゃんに手を引かれながら、
総魔さんの後を追って走り出すことになりました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ