挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月7日

263/4820

独り言

《サイド:美袋翔子》

時刻は午前7時頃かな?

今日も総魔と合流する為に、男子寮の前で待ち続けているところなのよ。

相変わらず場違いな雰囲気を感じちゃう男子寮の前。

女子の私が一人でポツンと門の前に立ってる姿はとても淋しげに見えるかもしれないわね。

実際にどう思われてるかは知らないけれど。

通り過ぎていく男子達がチラチラと私の方に視線を向けているのは分かるわ。

まあ、自分で言うのも何だけどね。

見た目だけならそれなりに自信を持ってるのよ。

学園でも5本の指に入るくらいかな?

現にそういうふうに数えられてることも知ってるわ。

私と沙織を含んだ5人が『学園を代表する美少女』っていう話題を聞いたことがあるからよ。

まあ、毎年変動する評価だけどね。

話を聞いた時はあまり気にしてなかったんだけど。

その時の候補には芹澤里沙と鈴置美春の名前もあったと思うわ。

って言うか…。

この時点で一応、美春の名前を聞いたことがあったはずなのよね~。

それなのに完全に忘れてたとか、美春には申し訳ない気がするわ。

まあ、今更言っても仕方がないんだけどね。

ちなみに最後の一人は生徒会の副会長だったかな?

名前はなんだっけ?

会長は里沙のお兄さんだから印象に残ってるんだけど。

副会長とはあまり面識がないからいまいちはっきりとは覚えてないのよね~。

確か…八重倉やえくら美乃里みのりさん?だったと思うわ。

見た目だけで言えば沙織に匹敵するくらいのお嬢様風な人だったはずだけど。

性格が最悪だった気がするわ。

まあ、それは私達に対してだけかもしれないけどね。

普段はどうか知らないけれど。

特風とは徹底抗戦って感じのトゲトゲしい人なのよ。

だからあまり関わりがないし。

どういう人なのか知らないわ。

個人的には興味もないしね。

で、それはそれとして。

こうして毎日男子寮の前に立ってると、
嫌でも色んな男子達の注目を浴びるのよね~。

一応、今のところ私に話し掛けるような生徒はいないけど…。

それはそれで虚しい気もするかな?

だからって声をかけられてもうっとうしいだけなんだけど…。

だけど、ね?

全く声をかけられないっていうのも一人の女としてどうなの?って気がするわよね?

まあ、他の男子のことなんてどうでもいいんだけどね。

総魔さえ見てくれればそれでいいわけだし。

その他大勢に見られてもしょうがないわ。

なんて。

そんなくだらないことも考えながら総魔が出て来るのを待ち続けてるわけだけど。

肝心の総魔の姿はまだ見えないわね。

玄関の方に視線を向けて見るけれど。

全然出てくる気配がないのよ。

まあ、会場が開かれるのは午前8時からだし。

まだ時間があるから来るのが早かったかもしれないわ。

…って言うか、そもそも総魔はすぐに会場に向かう気があるのかな?

昨日の続きで図書室に向かう可能性も高い気がするわよね。

う~ん。

今日はどうするのかな~?

色々と考え事をしてると時間が過ぎるのが早いわよね。

それでもやることがないから
暇つぶしがてらに考え事をしちゃうんだけど…。

ん?

不意に目の前で一人の男子生徒が足を止めたことに気づいたわ。

この状況でナンパ?

一体どんな生徒が近付いてきたのかな?

…って。

視線を上げて見たら目の前に立っていたのは総魔だったわ。

えぇぇぇ?

あれっ?

いつの間に出てきたの!?

突然現れた総魔に驚いちゃったわ。

そんな私の頭の上に右手を置いた総魔がポンポンと撫でてくれてる。

だけど総魔の表情は何となく呆れてる?ように見えたわ。

どうしてかな?

ちょっぴり悩んでみると。

「考え事か?あまりブツブツと独り言を言っていると誰も近寄らないぞ」

総魔が理由を教えてくれたわ。

だけど、ね。

………。

……。

…。

一瞬、総魔が何を言っているのか分からなかったわ。

独り言を言ってる?

そんなつもりは全くなかったのに、
自分でも気付かないうちに声に出してたのかな?

だとしたら、ちょっぴり恥ずかしくなっちゃうじゃない。

だって。

だって!

もしも口に出してたとしたら、当然総魔にも聞かれてたってことよね?

その辺り、どうなの!?

ものすごく気になるけど。

総魔は特に気にせずに私の頭を優しく撫でてから歩き始めちゃったわ。

「あ、待って」

すぐに後を追って話しかけてみる。

「どこに行くの?」

本当は独り言に関して聞きたかったけどね。

聞いたら聞いたで恥ずかしくなりそうだから
ここはあえて何もなかったことにしたわ。

「もう検定試験会場に行くの?」

「いや、ひとまず朝食が先だな。会場にはそのあとで行くつもりだ」

あ~、うん。

やっぱり行くのね。

図書室じゃなくて会場に行くって総魔は言ったわ。

つまり、総魔は始めるつもりってことよ。

頂点を目指す戦いってやつをね。

その第一歩になる試合なんだけど。

もちろん私も戦うつもりでいるわよ。

まあ、力を封印したくらいでファースト・ステージで苦戦することは有り得ないんだけどね。

その気になれば3桁くらいまでなら、今日中に到達できるはずよ。

…と言うよりも。

現状でいきなり100番くらいの生徒と戦っても勝てる程度の自信はあるわ。

指輪の影響で私達は『かなめ』と言える力を失った状態だけどね。

それでも、ね。

私達が弱くなったって言っても、他の生徒が強くなったわけじゃないのよ?

だからある程度までは簡単に勝ち上がれるって気楽に考えているわ。

「会場に行くのはいいけど、どこの会場を目指すの?」

流石にファースト・ステージはないわよね?って思ったから聞いてみたんだけど。

「最初から順番に進めるつもりだ。今の俺達に必要なことは勝ち上がることではなく、能力を探り当てることだからな」

迷うことなく即答で答えてくれたわ。

「あ~、そっか。」

総魔に言われて納得したわ。

勝ち上がること自体に意味はないのよね?

ただそれだけのことなら力を封印した意味がないわ。

『新たな力を見つけること』

それを最優先って考えるのなら。

どこの検定会場かなんて大きな問題じゃないわね。

一つでも多くの経験をしておいた方が、結果的に自分達の為になるからよ。

そう考えて、もう一度総魔に話し掛けてみる。

「で、一晩考えて何か思い付くことはあったの?」

「いや、まだだ。前回と同様に実際に試合を進めながら自分にあった能力を探していくつもりでいる」

総魔の言う前回。

それを私はこの目で確認してるわ。

最初に霧の結界を作り上げて、次に天使の翼を作り上げたのよ。

そして最後にルーンを、って感じね。

その全てが試合を重ねる事に調整されて、
最終的には龍馬を打ち負かすほどに完成されたのよ。

だからあの時のように。

総魔は再び試合の中で何かを探そうとしているようね。

「私にも出来るかな?」

「まずは行動してみるしかない。全てはそこから始まる」

「そうね。とりあえずやってみないことには分からないもんね」

「ああ」

頷く総魔を見て、私は試合に向けて心を引き締めたわ。

絶対に強くなる!ってね。

その気持ち忘れないようにしながら、
ひとまず総魔と並んで食堂に向かうことにしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ