挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

259/4820

正反対

《サイド:常盤成美》

………。

ん~?

どうしてでしょうか?

何だか分かりませんけど、
翔子さんから物凄い気迫が伝わってきたような気がします。

なんとなく。

ちょっぴり怖い気もしましたが、それは一瞬だけでした。

翔子さんが手を繋いでくれただけで、
ただそれだけで私の心は安らぎで満たされていくような感じがしたからです。

目が見えなくても、何も怖くありません。

目が見えなくても、何も不安はありません。

翔子さんが傍にいてくれるだけで、私はとても幸せなんです。

もちろん私は翔子さんがどんな人なのか知りません。

目が見えないから、翔子さんがどんな人なのか分からないんです。

ですが。

声や話を聞いていれば分かることもあります。

いつも明るくて。

元気いっぱいで。

誰からも好かれるような。

そんな素敵な人だと私は思っています。

だから…。

私とは正反対ですね。

いつも静かで。

臆病で。

みんなに迷惑ばかりかけている私とは正反対だと思います。

だから、でしょうか?

正反対の翔子さんだから、好きなんだと思います。

翔子さんのようになりたいって思うから。

もしも目が見えるようになったら。

私は翔子さんのような人になりたいです。

いつでも明るくて優しくて。

そんな翔子さんのような人に私はなりたいです。

「成美ちゃん、行くよ~?」

翔子さんの温かな手を繋いでもらいながら歩く家の中。

この瞬間だけは全ての不安が消えてしまうくらい安心することが出来ます。

翔子さんはとても優しくて、私が転ぶようなことは決してさせません。

つまずくことも、何かにぶつかることもありません。

翔子さんに導かれて歩くこと。

それは私にとって『絶対』と言えるほど安全な一時ひとときなんです。

あっ、でも。

もちろん、お姉ちゃんもとても優しいですよ。

いつも、いつだって私のことを気にかけてくれていますから。

その優しさが重荷に感じた時期があったことも事実ですが、
今では素直に受け入れることが出来ていると思います。

今ならちゃんと分かるからです。

お姉ちゃんと翔子さんに守られているんだって実感する時があるからです。

それはとても些細なことだったり。

とても大切なことだったりしますが。

その全てが今の私の支えなんです。

だから…。

だから私は全てを受け入れました。

目が見えない運命も。

外を出歩くことさえ出来ない日々も。

全てを受け入れて生きていこうと思っています。

絶望して諦めることではなくて、
明るく元気に生きることが二人に出来る恩返しだと思っているからです。

そう思えるようになったから。

私は自分がすごく幸せなんだって思えるようにもなりました。

障害を抱えていても、私を支えてくれる人がいるんです。

それがどれだけ素晴らしくてどれだけ幸せなことかを…

私は知っています。

そしてそれがどれほど奇跡的なことなのかを…

私はちゃんと、知っています。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ