挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

255/4820

来客

《サイド:御堂龍馬》

なにげなく窓の外に視線を向けてみる。

外の景色はすでに夕焼けだ。

徐々に日が沈んで暗くなりつつあった。

「もうこんな時間か」

時計を見てみるとすでに午後6時を過ぎているようだ。

そろそろ帰ろうかな?

適当に荷物を片付けてから立ち上がる。

そして出口に向かおうとすると、『コンコン』と小さく扉を叩く音が聞こえてきた。

誰かが入口の向こう側にいるようだ。

こんな時間に誰だろう?

思い浮かぶ人物がいなくて疑問を感じてしまうけれど。

そもそもここは部外者立入禁止の場所だ。

ここに訪れる人物は限られているはず。

だけど沙織と翔子ではないだろうね。

おそらく二人は今日も家に帰る頃だろうからここに来るとは思えない。

それに真哉も違うはずだ。

まだ眠っているはずだし、目覚めて行動しているとは思えない。

…と言うか。

真哉ならノックなんてしないだろうし、遠慮なく入ってくるはずだからね。

だとすれば特風の誰かが僕達を探しに来たんだろうか?

でもそれなら呼びかけてくれるだろうし、黙って待つ意味はないと思う。

まさか彼が来た…なんていうことはないだろうし。

一体、誰だろう?

誰が来たのかを推測しながら、入口に近付いてゆっくり扉を開けてみる。

扉の前にいたのは笑顔を見せる一人の女性だった。

「やっぱり、ここにいたわね」

声をかけてきたのは理事長だ。

「理事長?どうしてここに?」

「昨日の件に関して一通りの報告が上がってきたから、あなたにも話をしておこうと思って探していたのよ」

ああ、なるほど。

理事長は僕を探していたみたいだ。

昨日の件に関する報告ということは、試合に関することかな?

「何か予定でもある?急ぐのなら、私は帰るけど?」

「あ、いえ。特には何もありません」

「そう?じゃあ、話をさせてもらっていいかしら?」

「はい。お願いします」

道をあけてから理事長を室内に通すことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ