挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

252/4820

明日の為に

《サイド:御堂龍馬》

ふう。

誰もいない室内。

休憩室には僕しかいない。

彼と翔子、そして沙織。

みんながこの部屋を出てからどれくらいの時間が過ぎたのだろうか?

時計に視線を向ける気力さえ今はなかった。

別に落ち込んでいるわけじゃないけどね。

ただ単純に時間に追われるような気持ちにはなりたくなかったんだ。

自分の意思で決めて、自分の足で立ち上がる為に。

あえて時間を気にせずにこの場に留まり続けている。

まずはこれからどうするべきなのかな?

その疑問だけが、延々と頭の中を駆け巡っていた。

もちろんここで悩んでいても解決しないことは分かってるよ。

だけどね。

何から始めればいいのかが分からないのも事実なんだ。

実際に試合でもしながら少しずつ経験を詰んでいくのが一番だとは思うけど。

今日は試合が出来ないって言われているからそれすら出来ない。

だから。

今日という日において、僕に出来ることは限られてしまっている。

行動は出来ないからね。

考えるしかないんだ。

明日の為に。

今の僕に出来ることを考えるしかない。

だけど何が出来るだろうか?

そして何をするべきなんだろうか?

答えはまだ出ないけれど、考える事で気付くこともあると思う。

だから今は迷い続けていようと思う。

彼のように上手くは出来ないから…。

僕にはそれだけの力がないから…。

だから僕は考え続けようと思う。

いつの日にか彼に届くように。

そしていつの日にか。

彼に追いつくその為に。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ