挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

247/4820

満足できる結果

《サイド:美袋翔子》

ふふん♪

総魔が手伝ってくれる♪

それだけで十分だと私は思うのよね~。

まあ、本当のことを言うと沙織と龍馬は総魔を特風に引き込みたかったと思うから、
良い結果とは言いきれないんだけどね。

それでも満足できる結果だって私は思ってるわ。

そもそも『総魔を説得すること』自体が無理な話なんだし。

将来的な話はともかくとして。

今はこれで良いと思うのよね~。

だってもっと総魔と仲良くなってから、
その時にまた参加のお願いをすれば良いわけだし。

嫌がる人を無理矢理な感じで連れて行っても意味がないわよね?

特風の役目はあくまでも『平和を願う気持ち』が重要であって、
それほど気にしていない人が参加してしまえばそれだけで内部で争いが起きかねないわ。

だから同じ考えを持たないかぎり、
集団の中に入るべきじゃないと思うのよ。

そう思うから、私はこれで良いと思ってる。

直接的な仲間じゃなくても、
間接的に協力し合えるならそれで十分なはず…よね?

多分。

きっと。

大丈夫だと思う。

沙織と龍馬も理解してくれると思う。

だから二人は何も言わないんじゃないかな?

私の考えは間違ってないはず。

きっと、これで良いと思う。

そう信じて、総魔の顔をじっとみつめてみる。

「どうかしたか?」

「え?ううん。何でもないよ♪」

言葉を濁して微笑んでおいたわ。

だって総魔と仲良くなれて良かったなんて、そんなこと言えるわけないじゃない。

恥ずかしすぎだし…。

普通、そんな発言、異性にはしないわよね?

言葉にした時点で告白してるのと同じだと思うから言えないし言わないわ。

そんな勇気はないから適当に誤魔化したんだけど。

総魔は特に気にした様子もないまま、龍馬に振り返っちゃうのよね…。

うぅ~。

ちょっと気にしてよぉ…。

なんて思ってる間に。

「一応聞くが、話はこれで終わりだな?」

総魔が話し合いを打ち切っちゃった。

「あ、ああ。そうだね。ひとまず聞きたいことは全部聞けたと思うよ」

「なら俺はもう行かせてもらう」

え~?

もう行っちゃうの?

もっとゆっくりしていけばいいのに~。

…って、引き止める前に。

「何か予定でもあるのかい?」

話し合いを終えて席を立った総魔に龍馬が尋ねていたわ。

「いや。特にはないが、やりたいことが幾つかあるからな。手の空いている間に出来る限りのことをしようと思うだけだ」

ん~。

それって予定はないけど、やりたいことはあるってことよね?

龍馬の質問に答えた総魔は、さっさと出口に向かって行っちゃう。

その後ろ姿を何気なく見てたんだけど…。

あれ?

この状況ってまずいわよね!?

慌てて追い掛けることにしたわ。

「待ってよ、総魔!私も行くわ!」

総魔の後ろを追い掛けながら急いで沙織に振り返る。

「今日も研究所にいるよね?」

「ええ。そのつもりよ」

「じゃあ後で迎えに行くから♪」

「分かったわ。待ってるわね」

笑顔を浮かべる沙織に挨拶をしてから。

「龍馬もまたね~!」

龍馬にも挨拶をしたわ。

「ああ、翔子。気をつけてね」

「うん」

微笑む二人に手を振ってから、
総魔と一緒に休憩室を離れることにしたのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ