挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

245/4820

ごく一部

《サイド:常盤沙織》

ふう。

一通りの説明を聞き終えたあとで、密かにため息を吐きました。

思っていたほど深刻な状況ではない気がしたからです。

特に理由があるわけではないのですが、
何となくそう思えたことで安堵のため息を吐いていました。

天城君から色々と話を聞きましたが、
ひとまず一通りの質問は終えられたと思います。

少し難しい話もありましたが、
重要なことは一つだけですね。

潜在能力に気付けるかどうか?

ただそれだけのことなんです。

もちろんそれがとても難しいことなのはわかっています。

誰しも自分の才能に気付くことが出来ずに挫折していく人の方が多いからです。

自分の才能がわからずに悩み苦しんでいる人の方が大多数ではないでしょうか?

実際に才能を伸ばせる人というのは本当にごく一部の人だけだと思います。

ですがそれでも私はみんなを信じています。

必ずたどり着けると信じているんです。

彼が前を見据えて歩みを止めないのと同じように、
翔子だって努力を続ければいつかは自分の力に気付くことが出来るはずです。

そう信じています。

そして龍馬も本当の力にたどり着くことが出来ると信じています。

これから3人はどんな成長を見せるのでしょうか?

今はまだ予想も出来ませんが。

いつの日かもう一度。

最強の座を争うようなそんな力を手に入れて欲しいと思います。

今はただそれだけを願います。

3人とも頑張ってください。

そんなふうに願いながら、ゆっくりとみんなの表情を眺めてみました。

彼が何を考えているのかは分かりませんが、
龍馬と翔子は少し疲れているように見えますね。

私にとっては楽観できる状況でも二人にとってはそうではないでしょうから、その反応は当然かもしれません。

「お茶でも入れて来るわね」

少し休憩をはさもうと思って席を立つ私を見て、翔子も席を立ちました。

「あ、待って!私も手伝うわ」

急ぎ足で追い掛けて来る翔子。

少しの休息を得たことで笑顔を浮かべているようですね。

普段あまり難しい話に参加しない翔子にしてみれば、
今回のように延々(えんえん)と話し合うのは苦手なのかもしれません。

ですが。

一旦会話が途切れた事もあって、
緊張から解放された翔子はどことなく気持ちが軽くなったように見えます。

「ありがとう、翔子」

翔子に微笑み、二人でお茶の準備を進めました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ