挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

243/4820

解読不可能

《サイド:御堂龍馬》

ようやくこの時が来た…っていう感じかな。

天城総魔と直接話し合う機会だ。

この状況は自分で望んでいたことなんだけど。

いざ実現するとなると何から話をすれば良いのか悩んでしまうね。

一応、僕が質問をする立場だし。

順序よく話を進める為に、まずは頭の中で質問を整理してみようと思う。

先ず最初に聞くべきことはシークレットリングについて…で、いいはず。

もちろん過去の力がどうとか、そういうことじゃないよ。

単に具体的な内容を知っておきたいだけなんだ。

自分が今置かれている状況くらいは理解しておきたいと思うからね。

それに。

研究所で聞いたルーンに関しての情報も気になるんだ。

彼はどこまで考えて、今後どうしていくつもりなのかな?

その辺りも聞いておきたいと思う。

そして最後に一つ。

彼に特風に参加する意志があるのかどうか?という質問だ。

まずはこの3つを確認しておけば、今後の方針を立てやすくなるんじゃないかな。

そこまで判断してから、彼に話し掛けることにした。

「それじゃあ、早速だけど話を聞いてもいいかな?」

出来る限りの笑顔で問いかけてみると。

「俺に答えられることなら何でも答えよう」

彼は表情を変えることなく、小さく頷いてくれたんだ。

どうやら素直に聞き入れてくれるみたいだね。

それが分かっただけでも少し心が安らぐ気がしたかな。

拒絶された場合はどうしようか?なんて考えていたから、
素直に話が進むのは有り難いと思う。

「それじゃあ、最初の質問なんだけど。指輪の封印に関して知っている範囲で良いから教えてもらえないかな?」

まだ僕の知らないこともあるかもしれないからね。

一応、聞いておきたいんだ。

「…そうだな。」

一つ目の質問を問いかけてみたことで、
彼は制服のポケットから一冊の手記を取り出してくれた。

あれは昨日の夜に理事長が用意してくれたものかな?

僕だけじゃなくて、この場にいる全員に見覚えのある物だから間違いないと思う。

その手記をテーブルの上に置いてから、彼は僕の手元へと押し出してくれたんだ。

「まずは一度、目を通してみるといい」

勧められたことで素直に手記に手を伸ばしてみる。

だけど…。

うわぁ。

何だこれ?

何をどう読めばいいのかさえも分からない。

というか。

読み方そのものが分からないというべきかもしれないね。

正直に言って、僕に理解できるような内容じゃなかったんだ。

これはもうまともな研究記録じゃないと思う。

覚え書きって言うのかな?

ありとあらゆる情報をただひたすらに書き続けた感じに思えるからね。

これを理解できるのは書いた本人だけじゃないかな?

そんなふうにさえ思ってしまう。

だから、かな?

隣に座ってる沙織も真剣な目つきで手記を覗き込んでいたけれど。

その瞳には明らかな戸惑いが感じられるんだ。

たぶん、沙織でさえも手記の内容を把握しきれないんだと思う。

それでも一応、沙織に手記を手渡してから様子を見ることにしてみた。



その間。



ほんのしばらくの間だったけど、
沙織は真剣に手記と向き合って何とか解読しようと試みていたようだ。

だけど。

沙織の表情には困惑しか感じられなかった。

「ごめんなさい。私には解読出来ないわ。簡単なことから順に読み進めようとしてみても途中で理解できない部分が出てきて分からなくなってしまうの。この手記を完全に解読する為には、本格的な準備と解読用の資料が必要だと思うわ」

…だろうね。

僕も無理だと思うよ。

少なくとも手記を読んだだけで理解するのは不可能だと思う。

なのに。

それでも悔しかったのかな?

解読を断念した沙織は、少しうなだれた様子で手記をテーブルに置いていた。

そしてそのあとも残念そうな表情を浮かべてる。

うーん。

もしかしたら僕が思っている以上に落ち込んでいるのかもしれない。

だけどね。

僕にも全く理解できない内容だから沙織を責めるつもりはないよ。

そもそも読めないのが普通だと思うからね。

「ごめん。悪いけど、僕にも理解出来そうにないよ」

沙織だけじゃないってことを示すために素直に彼に謝ってみたんだけど…。

「ふふん♪」

何故かその瞬間に翔子が笑顔を浮かべてた。

その理由は語らないけど、どことなく自慢げな笑顔に見える。

この態度はどういう意味だろうか?

もしかして翔子はこの手記が解読出来たのだろうか?

そんな疑問を感じたけれど…。

「…そうか。」

僕が尋ねるよりも先に彼が話を進めてしまう。

「沙織ならあるいはと思っていたんだが、無理だったか…」

「ん~まあ、当然よね~」

小さく呟いた彼の横で自信たっぷりに頷く翔子。

その自信が何なのかがすごく気になるんだけど。

「読めなかったのは私だけじゃないってことよ。やっぱり、これを読める方がおかしいのよ」

僕が理由を問いかけるよりも先に翔子が自分から自白してくれたんだ。

だけど、これってどうなのかな?

自慢げに語ってる翔子だけど。

今の発言を考えるなら、翔子も読めなかったということだよね?

それなのに勝ち誇ったような笑顔を浮かべる意味が分からない。

もしかして読めなかったことで何かあったのかな?

その辺りの話も聞いてみたい気がするけど、今は話を進めることが優先だと思う。

こういう言い方は失礼かもしれないけど。

翔子の話は彼がいなくても聞けるからね。

だから今は余計なことは言わないし、
黙って話の続きを待ってみることにしたんだ。

「指輪に関してはここに書かれていることが全てだ。どの程度の効果があり、どういう現象が起きるのかも含めてな」

「きみはこの手記を解読出来るのかい?」

「ああ。完璧にとは言わないが、前後の流れや全体の情報を整理して行けば読み進めていくことが出来る」

「だったら教えてくれないかな?」

全部とは言わないけどね。

「ある程度、僕達に理解出来る範囲だけでも良いんだ」

「ああ、分かった」

僕の願いを聞き入れてくれた彼が再び手記に手を伸ばした。

そしてゆっくりとした手つきでページをめくっていく。

「要点だけをまとめるなら重要なことは一つだけだ」

複数のページの項目を指差してから話してくれた。

「指輪の効果は『特性や能力を問わず』に、自分が望んだ力だけを封印することが出来るということだ」

ん?

あれ?

彼の言葉を聞いた瞬間に微かな疑問を感じた気がする。

それが何なのか、はっきりとは分からなかったけれど。

だけど確かに何かが気になったんだ。

それなのに。

それが何なのかが分からない。

とても大事なことのような気がするのに…。

重要な何かを見落としているような、そんな気がするのに…。

何が気になったのかが分からないんだ。

まあ、彼に質問をすればいいだけの話なんだけどね。

だけど何を聞けばいいのかがわからないんだ。

自分でも何が気になったのかが分からないわけだしね。

何を質問すればいいのかも分からないんだ。

だから、かな。

僕が何も言わないことで、彼の説明は続いていった。

「すでに気づいているかもしれないが、封印の効果は能力だけに留まらないようだ。間違いなく理論の構築にまで影響してしまう。そしてその結果として、独自の魔術が使えなくなる可能性がある」

ああ、うん。

確かにね。

「それは僕も研究所で実験したけど、ほぼ全てと言っていいほど魔術は発動しなかったよ」

「だろうな。力を失う影響によって魔術の理論やルーンの構築にズレが生じてしまって使用不可能になるようだ。だが、そのズレを修正することさえ出来れば再び使えるようになる可能性はあるだろう。ただ、全く同じとはいかないはずだ。根本的に異なる理論になるから、似たような別の何かになると思われる」

そうだね。

「そこまでなら僕も理解してるかな」

「そうか。ならいいが、指輪に関して言えばその程度のことでしかない。指輪そのものにたいした意味はないからな」

ん?

意味はない?

「え?そうなの?」

彼の説明を聞いていた翔子も驚いていた。

…ということは。

この辺りに関しては翔子も知らなかったのかな?

もちろん僕も知らない部分だけど。

翔子が驚く様子を見た彼は、
今度は僕じゃなくて隣に座っている翔子に説明を始めたんだ。

「重要なのは『これからどうするか?』ということだけだ。」

「それはまあ、そうなんだけど~」

「指輪の影響そのものは考える必要がない」

「そうかな~?」

どうだろうね。

確かに彼の言うことはもっともな意見だと思うよ。

だけど翔子の戸惑いも理解できるんだ。

だからこそ確認しなければいけないとも思う。

僕達はこれからどうしていくべきなのかをね。

「指輪に関しては分かったよ。だから聞きたい。きみがこれからどうしていくつもりなのかをね」

僕の問い掛けに対して、彼は少しだけ黙考してから話しだした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ