挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

224/4820

実験の価値

《サイド:黒柳大悟》

何故だ…。

『コンコン』と部屋の扉をノックする音が聞こえた瞬間に。

俺は激しくため息を吐いていた。

「…最悪だな。」

ようやく眠れると思った瞬間の絶望だ。

意識を失う寸前で叩き起こされる現実に怒りさえ感じてしまう。

とは言え。

無視をするわけにもいかないだろう。

限界を超えた体を引きずりながら扉に手をかけて来訪者を確認することにした。

「誰だ?」

問い掛けながら扉を開くと、扉の向こうにいたのは見慣れた人物だった。

「おはようございます」

礼儀正しく頭を下げたのは御堂君だ。

先程の天城君に続いて今度は彼か…。

流石の俺も今は話を断って寝てしまいたい気持ちになった。

だが、な。

数々の実験に協力してくれている彼に『眠たいから帰れ』などと言えるわけがない。

心の底からしんどい気持ちは山々だが、
大人しく彼を室内へと招き入れるべきだろう。

「どうぞ、入ってくれ」

「失礼します」

室内に入る御堂君をソファーへと案内する。

だが、これは危険な選択肢だったかもしれないな。

彼と向かい合って腰を下ろすソファーの弾力が俺の睡魔を加速させるからだ。

まずい。

このままでは眠ってしまうだろう。

体力的な危機感を感じた俺は席を立ってお茶の準備を始めることにした。

よく考えれば天城君と美袋君にお茶を出すのを忘れていたな。

だがまあ、いいか。

過ぎたことを言っても仕方がない。

それよりも今は完全に寝ぼけている頭を目覚めさせる為に、
熱湯を注いだお茶を一気に飲み干すことが優先だ。

ただそれだけでかろうじて復帰する思考力。

万全とは言えないが、まだ少しくらいは耐えられそうに思う。

「まあ、お茶でも飲んでくれ」

彼の前にもお茶を差し出した。

まあ、温度は標準だ。

飲めないということはないだろう。

「ありがとうございます」

素直にお茶に手を伸ばす御堂君が一息つくのを見計らってから大きく背伸びをしてみる。

ひとまず気持ちを切り替える事には成功したようだ。

まだ30分程度なら頑張れるだろう。

彼の話を聞くために体勢を整えることにした。

「さて、話を聞こうか」

「ありがとうございます。色々とお疲れだとは思うのですが、力を封印した事による影響を知る為に、少し実験をお願いできないでしょうか?」

実験だと?

彼は確かにそう言ったはずだな?

準備だけでもそれなりの時間がかかるうえに、
測定と撤収までを考慮すれば午前中は完全に潰れてしまう発言だ。

もしも引き受けてしまえば必然的に俺が寝る事が出来るのは午後からということになるだろう。

はたしてそこまでこの体は持つのだろうか?

そんなふうに自分自身に疑問を感じるものの。

彼の希望を断る事は出来そうにない。

真面目に話をする御堂君に帰れとは言えない空気が俺の心を蝕んでいるからだ。

仕方がないか?

諦めにも似た心境で、彼の申し出を受け入れることにした。

「ふむ。実験は良いが、具体的にどう考えているのか聞かせてもらおうか?」

「今の自分の力でどれだけのことが出来るのか?それを確認したいと思っています」

なるほどな。

顎に手をあてて僅かに思考してみる。

力を失った御堂君の測定となると重要な研究資料となりえるかもしれないな。

やってみる価値は十分ありそうに思える。

「いいだろう。それでは実験室のほうへ移動しようか」

「はい」

席を立って部屋を出る俺と御堂君。

いつもの実験室へと向かうためにひとまず歩きだすことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ